« 特撮のDNA展へ ③ | トップページ | 特撮のDNA展へ ④ »

2019年5月 5日 (日)

ウルトラ怪獣名鑑 新たなる挑戦編

Kimg2226 名鑑シリーズというとHGより若干小ぶりで小さなジオラマ性を持った食玩シリーズって印象ですが、ウルトラQからモノクロで5種発売になった。 ネットから購入したので受注生産品かと思ったら専門店でも販売されてたのを見ました。 需要が限られている為か、一個あたり約1000円近く高額。SOS富士山よりゴルゴス。

Kimg2227 近年はバラエティ番組でも出てきて知名度も高いM1号。 カラーテレビが普及してからはウルトラQの再放送は少なかったので、怪獣図鑑位しか姿を見なかったのでおよそ怪獣らしくない風貌で謎な怪獣なイメージでした。 各台座にサブタトルが特徴ある書体で描かれているのが、いいです。 これには実はステッキ状の細い棒が付属してますが、多分折ってしまう可能性が高く付けてません。
Kimg2228 ガラモン。 小さいのによく出来てます。 ウルトラマン、セブンの名鑑も勿論買ってそのシーンの切り取りに楽しんでましたが、シークレットの多さ、シークレットじゃない物にも何種かあるとか、箱で買っても揃わないとか段々完全に集めるのは面倒になって閉口し、途中から辞めてしまいました。 新マン以降は全く買った記憶がありません。
Kimg2229 セミ人間。 これもカラーテレビのからみでセミの頭でスーツ来た宇宙人的なバルタン星人の元の着ぐるみ程度の漠然としたイメージでした。 昆虫モチーフなのでカッコいいので後々映像で見るようになる前も気になる存在ではありました。 劇中ではわずかな登場時間でしたが、 ショップのM1号でのスタンダードサイズのソフビとして往年の形やパッケージもそれらしく再現されて販売されたのは衝撃的でした。
Kimg2234 2020年も遠い先の未来だと思ってましたが、もう来年の話。 HGのケムール人もブースカと一緒のラインナップで気に入ってました。 画像の「柵」には棒があって、そこのケムール人を差し込むようになっているのですが、破損しそうなので完成とは向きが違ってます。^^;  新たなる~となっているのでこの先もあるのかどうか。

« 特撮のDNA展へ ③ | トップページ | 特撮のDNA展へ ④ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特撮のDNA展へ ③ | トップページ | 特撮のDNA展へ ④ »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ