« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月28日 (日)

ワンフェスで入手したグッズ

Kimg2061_02_burst1002061冬のワンフェスのKAWADAのブースでもらったナノブロックの富士山。 簡単に完成。 ダイヤブロックの頃と比べて、ナノ化?されているので、キャラクター、乗り物、建造物等、多数ラインナップがあった。 

Kimg2062_01_burst1002062_coverワンフェス海洋堂ブースには毎回、先行販売とか、既存の物の販売とか、多数のガシャマシーンが置かれていて盛況ですが、モチモチの木のガシャがあったので1個入手。 ラバーマスコットって、個人的に、今一つでしたが、3D立体化だと、この独特の色使いが再現しにくいですか。 モチモチの木は、子供の頃から、心に残る作品だったので、カプセルトイを見たときは、こういう物まで製品化されててびっくりでした。 ちなみにシークレット有。

2020年6月22日 (月)

ワンダーフェスティバル 2020 冬へ ④

Kimg1875海洋堂のキカイダー。その昔、ビリケン商会が当時高価だったキャストキットをソフビでリアルで安価なキットを普及させたので、怪獣なんか買いました。 その後、ボークスのキカイダーとか、ハカイダーなんかも造りました。 キャストには殆ど、手を出さなかったけど、ソフビ素材はホント画期的でした。 難点はプラカラーでそのまま塗装すると、いつまでも本体にベタベタ感があるのと、細かいモールドとかが再現し難そうなのと、当時、箱が味気なかった位ですか。 ので、ハカイダーショットとかはキャスト部品とかでしたっけ?。 

Kimg1877実物より大きなサイズです。 大きくなるとロボットぽくて、メカメカしく見えてきます。
Kimg1879テクニクスのミニチュアのサンプル。 昔はコンポを置くのが一つの憧れでもありました。 

Kimg1880ぷちサンプルシリーズとか買いましたが、これも良く出来てるな。 

Kimg1881現代の家電等。 何でも出来ちゃうんですね。  

Kimg1882円谷プロブースも活況でした。 Kimg1889_20200622121501 立体化されてました。 

Kimg1884ステージイベントもありまそた。Kimg1885マイティジャックの撮影用プロップなんかも展示。

Kimg1887成田亨のウルトラマンの複製絵画の販売も。 

 

 

2020年6月14日 (日)

SHODO-X 仮面ライダー8

Kimg2052SHODO-X 8 仮面ライダー8です。主にストロンガー。 ストロンガー2種がアソートが少ない。 

Kimg2053_01_burst1002053_cover_20200612103801第一期の仮面ライダーの最後を飾るストロンガーが実は熱心には見ていなかったので、あまり記憶にありません。 内容が低学年化されてきたのと、目や角にあたる分部がこれでもかと、大きすぎて好きではなかったような気がします。 

Kimg2054仮面ライダーブレイド。 個人的に見てないライダーなので不要でしたが、今回箱買いしたので、紹介。 

Kimg2055_01_burst1002055_coverカブトロー。 いつものように2個で一台組みあがります。 なので約千円。 付けてませんが、拡張パーツがあるので、それぞれグレードアップ可能。 カブトローも記憶の薄いバイクですが、こうして見てみるとゴテゴテしたパーツを付けていながらも、オリジナルの単車の雰囲気があるのは、予算の都合でもあったのかもしれませんね。

 

2020年6月 7日 (日)

ワンダーフェスティバル 2020 冬へ ③

Kimg1844_20200607104601戦艦大和の主砲や、蒸気機関車D51のD51運転席等、大スケールなので迫力があって細部も造りこまれてました。 

Kimg1847キャットシットワンのキャラも立体化。 源文先生のWW2の新作も読みたい。 

Kimg1848_01_burst1001848_coverジオラマで、デフォルメタイプのフィギュアを配置するのも新鮮。広大にも見えるし。 

Kimg1852難しい棘や毛の表現の出来もいい感じ。 

Kimg18531/6サイズ位。これだけ揃うと雰囲気でます。 

Kimg1854個人的に印象に残るGTサンパチはこれではないんですが、排気量が中途半端ながら、覚え易い愛称で大柄で2ストで四本マフラーなのが、乗ったこともないですが、好印象な一台。Kimg1855怪獣王子の恐竜タイプの怪獣フィギュアは珍しい。 なんか着ぐるみ感がありありで動きもどんくさいイメージですが、愛嬌があって記憶に残ってますね。 

Kimg1856ガレキ。簡単そうで、この壊れ具合とか、粉々の大きさも、本物っぽい。 

Kimg1858パーツのエッジや硬質感と塗装と相まって、とてもカッコいい。 

Kimg1871他界された造形作家さんのフィギュアが多数展示。 荒川良々似すぎ。 センム始めタレントさん等々多数の方達のトークイベントなんかもありました。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ