« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月26日 (日)

SHODOーX 仮面ライダー 9

Kimg2071今回の弾はアマゾン関連。 アマゾンズは地上波で放送してたけど、あまり真面目に見てなかったので、アソートの少ないアマゾンズ関連の物は買わなかったので、不要だったもののアマゾンすらも入手するのに4店舗ほど廻りました。 アマゾンのデザインを洗練したアマゾンズはデザイン的にはカッコいい。アマゾンはテレマガとかの前情報とかでアマゾンの目が繋がってるようなデザインだったのを記憶してて、怪奇性を強調してたような記憶がありますが、当時以来見てませんが、結果幼児路線になっていったように思えてあまり記憶にありません。 十面鬼とかモグラ獣人とか際立つキャラは記憶に残ってますね。 

Kimg2072いつもの通り2個で完成するジャングラー。 アマゾン顔のカウルはまだしも、このウイングはどうだろう。デカ過ぎ。 どんな走りだったのか、見たくもなってきた。 まぁ強烈なインパクトではありますが。 ウイングをもうちょっと小振りにしてバランスよくのも見てみたい気もします。  

Kimg2073アマゾンを乗車させることも出来ます。

 

2020年7月21日 (火)

ワンダーフェスティバル 2020 冬へ ⑥

Kimg1914ゴレンジャーはお笑い的な怪人が多いのと、幼児向けだった感じで当時はあまり見てませんでしたが、今ではそれもまた面白いと思えます。 これだけ並ぶと圧巻です。 

Kimg1915nano ブロックのウルトラ戦士や、怪獣。 

Kimg1916ターミネーターの等身大モデル。それなりの値段はしますが、商品です。 
Kimg1921 これも人間大サイズででかい商品です。 映画も観たいです。 

Kimg1923このころは発売予定でしたが、もう売ってますね。これは見たけど回してない。 

Kimg1924 ニューKATANAも展示されてました。 

Kimg1925当時は見向きもしなかったけど、今見ると味わいがあるなぁ。

Kimg1929ケッテンクラートも会場ではお馴染みになってきました。 

Kimg1930ルパンの愛車も。 

Kimg1931上から見るとこんな感じです。 長々とやってきましたが、今回で終了です。 また来年ワンフェスが開催されるよう期待してます。

2020年7月12日 (日)

スペースインベーダー

Kimg2064インベーダーゲームはリアルタイムで体験した世代ですが、喫茶店で百円玉を積み上げて遊んだ世代ではなく、週末に友達と寄ったゲーセンで、人気だったインベーダーをちょっとやるか、友達のプレイを見てるか位で数年後、色んなゲームが出てきて1プレイ50円位になって、アルバイトなんか出来るような年齢になってようやく落ち着いてきたような気がします。 ファミコンがブームになって「家でインベーダーが出来る!」と思い夢中になってやりましたが、結局スペースインベーダーは買った記憶は無し。 初代のスペースインベーダーは、単調だけど

、難しく、効果音とか全ての「音」が好き。 PS2でインベーダーを買い、今回スイッチ版のスペースインベーダー インヴィンシブルコレクションをちょい前に購入。 PS2版もそうでしたが、オリジナルプラス、いろんなインベーダーゲームがプラスされていて楽しい。 インベーダーをジャンジャン撃っていくのが単純に爽快感が味わえる。 ダウンロード出来るアルカノイドVSも出来る。 ちょっとの時間でも遊べるゲームです。

 

 

 

 

2020年7月 5日 (日)

ワンダーフェスティバル 2020 冬へ ⑤

Kimg1890参加型のイベントが始まりそうな気配も出てきましたが、まだまだ、分からない状況になってきました。 秋のワンフェスはどうなるかと、思っていたら既に中止に。 なんとも生物感のある、ペギラの羽の辺りとか、カネゴンの口の感じとか。 

Kimg1892 シン・ウルトラマンも話題でしたね。 新マンと混同しそうな名前。←自分だけですか。 ウルトラマンの成田デザインの当初のカラータイマーがないウルトラマンがどんな展開になるのか。 エヴァンゲリオンと同様な異様にスリムな体形の人型に怪奇性を感じる。 ウルトラマンの第一話の湖のシーンを思い出す。

Kimg1897実物大Ⅳ号戦車は大迫力。 毎回いろんな車輌が展示されているのが、楽しみ。  

Kimg1901_20200705152101マーク4戦車こは形的に有名ですが、第一次世界大戦の戦車をこの大きさで見るのは初めてでした。 これはテレビで見た某聖地近くで造られた車輌ですよね。 

Kimg1904現実的な風景とロボットを操縦する自衛隊が近未来な感じ。 

Kimg1906M1エイブラムスもリアリティのある、こんな仕上がりになってますね。 

Kimg1907対メガロの頃は、ゴジラはリアルタイムの時は見ませんでしたが、甲虫モチーフのデザインは好きでしたね。 

Kimg1908やっぱり、レトロタイプのソフビは味わいがある。 

Kimg1909つい最近、あの特徴的な家のことで記事になってました。 願いのモクメは怖ったなぁ。 特に振り向いて噛みつかれるところは恐怖。 でも自分で造ったんだしなぁ。 

Kimg1910メディコムトイのこのごちゃごちゃ感がいつもいい感じ。 カナリコブラとかいいな。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ