« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月20日 (日)

衝撃 フクロウ男

Kimg5327今、TOKYO MXで初代の仮面ライダーが放送されてまして、週一の放送で当初、夕方の放送でしたが、ちょっと前から金曜の午後7時からの放送になり、曜日は違えど、まるで当時のような放送時間の感覚で見られるので、楽しみです。 放送も怪奇フクロウ男まできて、本郷猛に入れ替わり、新サイクロンも出てくる時期で、歌も新曲が出たりで、ある意味絶頂期だったと思います。 記憶ですが、ライダースナックも100番代を超えて新カードと言う表記が出るカードが出てきて、放送と同じような時期に怪人のカードを手に出来るようになり、カード集めも加速していた時期でした。 スナックのカードは詳しくはないですが、異種カードと言われるような、スナックのカードのバージョン違いが多いのもこの時期のカードで、イメージで言うと110番代あたりは宝庫でしたね。 当時でも裏面の文章が違ってたり、写真が違ってたり、トリミングが明らかに違ってたりと子供ながらに不思議でした。 画像はチップス版です。 

Kimg5328今回は特にライダーカードにまつわる発見とかではなく、放送の内容に衝撃を受けました。 仮面ライダーは好きではありますが、ほぼ怪人が使命や作戦をもって登場し、一度ライダーを苦境に立たせ、解決策を見いだし、ライダーが怪人を倒す・・・と言う流れがほとんどで、ウルトラマンやセブンのようなシナリオの面白さは感じないので、ビデオ、LD、DVDもそれほど見たこともなく、初期ライダー見たさに1万円以上もしたバンダイエモーションのVHSビデオを1本購入した記憶がある位で、再放送も恵まれないので、通しで見てるのは当時以来。 そうは言っても当時の映像を見るのも、車やバイク、景色、ロケ地、俳優を見るのは、とても懐かしい。 ほとんどの怪人の名前位は憶えてます。 フクロウ男も名前は知ってますが、内容としてはさっぱり記憶にありません。 そう、目がストロボみたいな感じ位でしょうか。 その位の記憶です。

Kimg5329で、一体何が衝撃的だったのかと言いますと、すでに知られてる話のようですが、当時以来見る自分にとっては、フクロウ男が最後崖から落ちるシーンなんですが、普通なら、手足くにゃくにゃの着ぐるみに綿でも突っ込んだ位で落下させるんでしょうし、そうであっても見てる側はCGも無い時代なので、人形でも特に当たり前の時代でしたが、フクロウ男は、正確な数字はわかりませんが、どう見ても20メートルとかはあろう所から人間が入った状態で落ちてる!!!。 崖と言っても造成地で土だけで柔らかくもあるんでしょうけど、着ぐるみもいくらかのクッションと考えていたとしても、画面は正面で横から造成地を見れば引っかかる場所があったとしても、最初の1回転で多分5メートル位とかは落下している・・・。 怖すぎ。 その後、引っかかり回転しながら落ち切りますが、地面には何も置いてないし、頭から落下していて衝撃的過ぎなシーンでした。 ネットで調べてある程度分かってきましたが、そりゃ、家族の気持ちがわかります。 ライダーキック前のライダーハンマーなるジャイアントスイングも造成地の天辺で実際に回してるし。^^: 映画でスタントマンを使わず、自分で演じる人もいますが、それを超える位の衝撃でした。 今はも出来ないでしょうね。 一見の価値有です。

さて、本年もあと数日で終わりで、また年明け落ち着くまで休みたいと思います。 お立ちより頂いた方ありがとうございました。 落ち着いて出歩ける世の中に早くなってほしいです。

2020年12月13日 (日)

蒙古タンメン中本 蒙古タンメン

Kimg2904_20201213100701以前ブログに書いた時から、直ぐに食べたんですが、辛過ぎなのなは苦手ながら、味噌タンメンはいけたので、一番人気との蒙古タンメンに恐る恐る挑戦してみました。 恐る恐るとしたのは、耐えられなくて残すのは抵抗があるんですよね。 待ってる間も北極とか声が掛かってて、自分には、それは無理だと思いつつ、ファイヤー5つの蒙古タンメンを食べてみました。 食べ進めて、これは大丈夫な辛さと分かり、美味しく完食。 確かに辛いことは辛いですが、自分にはですが、舌がダメージを受けたり、大汗掻いたりするほどの辛さではなく、これならOKです。 次回からでも、これなら注文出来ます。 ただし自分は、これを超えるファイヤー6つ以上のラーメンは限界を超えそうなのでやめときます。 蒙古タンメンは、おいしさを感じられる辛さでした。 やみつきになるのも頷けます。

2020年12月 6日 (日)

浦安鉄筋家族 展へ③

Kimg3040小振りなスペースながら、見どころはまだまあります。 台本も展示されてました。 

Kimg3042出演者さんのサイン色紙も、あまり見ることもないので貴重でした。 

Kimg3044セーラープーンも、本格的に造られてました。 ちなみに子供向けアニメの設定でしょうが、番組的にはそうじゃないですね。 

Kimg3045人形まで展示。 よくできてる小道具。

Kimg3046これは、なりきりグッズ的な物か、自作ともとれる。 しかし、同時期に放送されていて、花丸木くんの演技は「麒麟がくる」の信長とのギャップがあり過ぎて、面白過ぎる。w

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ