« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月19日 (日)

隠し砦の三悪人 鑑賞

Kimg6202午前十時の映画祭で鑑賞。 黒澤作品でスターウォーズに参考にされた位のイメージ位で、今まで観る機会もなく、今回が初でした。 スクリーンでの迫力はもちろんですが、最初の方の城を物凄い数の人が駆け下りてくるシーンは圧巻。 怪我人はでなっかのか気になる位。 砦は、ここって日本なの?って思う位見たことない地形で、石が蟻地獄のように、滑るシーンも印象に残る。 地形を知る者には、そうでもない所も面白い。 絶体絶命で、このあとどうなるかというストーリーも絶妙でした。 リメイク作品もあるので、いずれ観たいと思います。 姫は、今の時代にも通じるような、きりっとした顔立ちの女優さんながら、あまり他の映画とかで拝見したことがないので、誰なんだろう??と、調べてみたら早い段階で引退されていたんですね。 あと、個人的朗報。 午前十時の映画祭が来年度も決定!。 まだラインナップは決まっていませんが、楽しみです。 さて、今年も早くも終わりが近くなってきましたので、暫くお休みして年明けして落ち着いたらまた再開いたします。 今年も立ち寄ってご覧頂いた方々、ありがとうございました。 良いお年をお迎えください。

2021年12月12日 (日)

「復讐者たち」 「ホロコーストの罪人」 鑑賞

Kimg82522作品とも夏ごろに公開されていた映画です。 共に、公開されてた劇場も少なかった作品。 Kimg5134 復讐者たちは、主に大戦中の話ではなく、戦後にドイツ人を軍人、民間人関係なく一気に復讐しようとする計画。 感情的にはセリフの「600万には600万を」の気持ちはわかる気がする。 史実とのこと。 最近は史実にのっとった作品が多い気がします。 ホロコーストの罪人も実話。 収容所での残虐な行為が、恐ろしい。 両作とも、知った俳優が出ていたりすることはないですが、安っぽい映画ではなく見応えがありました。

2021年12月 5日 (日)

ジャン=ポール・ベルモント

Kimg8064画像は特にタイトルと関係はなく、最近レンタルした氏、出演の作品に刑事役が多かったので、何かないかとただ、思いついた画像です。 以前記事にしたかも、ですが、ハンドカフは200円のダイソー製の物ながら、クラウンのエアーソフトガンですが、並べるとそれっぽく見えますか。w ちなみにメタル製で、キー有り無し、どちらでも開錠出来、意外に良く出来てます。 残念ながら、お亡くなりになりましたが、夏ごろにレンタルDVD店に、旧作が生産されて新作扱いで、ジャン=ポール・ベルモント出演作品が5作品ほど、並んでいたので、これまで殆ど、観たことがなかったので、幾つか観てみました。 自分が観たアクション映画では世代がちょっと上だったので、ほとんど観ることがなかったのですが、名前の響きや、顔立ちとか、印象に残る俳優さんでした。 個人的にはMGCのチラシとかにガンを持った数々の俳優に似た人のイラストなんかの幾つかのイメージが強く残っていたりします。 で、レンタル店で、ずらりと新作として並んだケースの、銃をかまえた姿や昔の映画ポスターのようなタイトルケースにひかれるものの、昔の映画なので過度な期待はしませんでしたが、ガンアクションもちろん有り、カーアクションなんかも結構見応えがある。 特に「恐怖に襲われた街」では、ビルや屋根伝い、ヘリなんかのシーンとか、本人が演じているようで、これどうやって撮っているんだろうと緊迫感あります。 撮り方の工夫や、見えない所に安全な場所を設けてあるのかもわからない位、ワイヤーなんかも無い時代でしょうし、特に窓から落ちそうになったり、屋根伝いに飛んだりするシーンは、マジで股間がヒヤヒヤしました。 他の作品も観てみたくなりました。 自分が観たいくつかにZ1が出ている作品がありました。 Z1,Z2好きな方なら現役時代に動く姿が拝見出来ます。

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ