« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月27日 (日)

亥鼻城 マルケイの思い出

Kimg0068ここは、外観がお城な千葉市立郷土博物館です。 中は鉄筋の5階構造の展示室となっています。 存在は知ってましたが、あまり行く機会がありませんでしたが、大河ドラマの鎌倉殿の13人に関連したパネル展が、もう終わりましたが開催されていたので、行ってみました。  

Kimg0071火縄銃なんかも有りました。 中はそれほど広くないので、展示物も限られますが、無料です。 大河ドラマは結構前から、面白くないと思う作品は、なんとなくになってましたが見続けてきました。 今の大河と同じ時代背景で、平清盛は視聴率があまり振るいませんでしたが、暗い感じの映像がなんとなく印象に残ってますが、それがわりと重厚感があって良かったです。 今の鎌倉殿の13人は、大筋位しか知らなく、戦国時代ほど見慣れてない時代ですが、解りやすく面白く見られます。 最近は特に、悲劇のヒーロー的なイメージしかなかった義経が、あのような性格に味付けされてしまっていて、この先が楽しみです。 

Kimg0073復元された鎧なんかも有ります。 場所柄、千葉氏に比重を置いた展示物が多いです。 自分は千葉県に住んで長いですが、代々は岐阜なので、千葉はあまり地元と言う意識はありません。 5F最上階は展望室となっていて見晴らしがいいです。  

Kimg0078_01_burst1010078_cover_20220326153401 4Fは近現代の千葉と言うことで、戦前、戦中の暮らしなんかが再現されていて楽しめます。 戦時中の物品なんかも展示されてます。 帰りになんとなく、近辺を歩いたら、県の名門の千葉高のあたりに出て、昔、このすぐ近くに有ったホビーショップに結構通っていたのを思い出し寄ってみると、既に随分前に閉められた話は知ってましたが、それだと思える建物が残っていました。 1980年代~2000年代位までよく行きました。 昭和な木造の建物で、昔の駄菓子屋さん位の間口でしたが、天井まで所狭しと物が置かれていて、おけない在庫とかは、よく奥からも持ってきてくれました。 あまり長時間は居にくく、ひやかしお断り的なお店だったので、その頃は欲しい物があったので、そこそこ話が出来る位にはなりました。 おじさん不在でおばさんだと、物腰柔らかで優しいので、じっくり見ることが出来ました。  

Kimg0076_20220326153401ここによく通ったのはキャストモデルが出てくる前のゼネプロのバキュームフォームキットなんてのが出てきた時代から普通ののホビーショップじゃ置かないような物でもなんでも置いてあって、まさにあそこに行けば何でも置いてあるって感じお店のでした。 1/100サイズだったか、ウルトラホーク1号のバキュームなんて、ただの型押ししただけのプラ板のような物で、今じゃどうにもなりませんが、説明書が凝っていたのが良かったです。 車じゃないと持って帰れないような、なんともでかいダンボール箱入りだったのを思い出します。 あと、掘り出し物がよくあって、その頃でもアンティーク認知されているような1970年代位のデットストック品なんかも定価プラスα位の価格なのは魅力でした。 自分は復刻怪獣ソフビなんかを買っていた頃がピークで、買わなくなってから、疎遠になってましたが、とても貴重なホビーショップでした。 毎月ホビージャパンに広告が出ていてよく見ていたのが懐かしいです。

 

 

 

2022年3月20日 (日)

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話 4D 鑑賞 

Kimg6680既に去年の秋ごろの鑑賞ですので、短編といった感じでしたが、とっくにDVD化されていると思います。 4Dなので飛んだり跳ねたりの戦車の動きはアトラクアションのように楽しめるので、観るだけよりプラスアルファ遊べました。 結局全話は観てないです。 一時期ほどの人気は去った感がありますが、当日の観客は結構いらっしゃいました。 相変わらず戦車の動きは気持ち悪い位良く動きますね。 

2022年3月13日 (日)

らーめん松信

Kimg6609 以前記事にしたかもと思いますが、大分前に行った時、新しく店舗を出されるような張り紙があって、その後、店主が変わられるような張り紙があり、お店が残るのは有難いので、行ってみました。 千葉県は、佐倉市のらーめん松信です。 二郎系です。 味を語るほど行ったりしている訳ではありませんが、数か月に一回位行ってます。 画像は店主が変わられてから行った昨年10月頃の物です。 システムや雰囲気は変わらないようです。 12時前には大体、既に開けてるようです。 中は数名しか座れないカウンター席しかないので、行列までは見たことないですが、列が出来やすいです。 お味のほうは、好きな二郎系でしたが、スープがぬるめな感じです。 そのあと2回ほど伺ったのですが、同じだったので、スープは熱くするのは簡単でしょうし、あえてこうしているのでしょうか。 食べやすいとも言えますし、その後も行っているので、好みの問題になりますね。 今週しばらくぶりにまた行ってみる予定です。

P.S. 予定どおり行ってみまして、今回はスープの温度を気にしながら食してみました。 最初はフーフーして食べてたので、最初からぬるめな訳ではなかったですね。 あっつあつではないので、直ぐに食べやすい温度になる感じです。 食べやすいです。 自分のお腹のキャパ事情ですが、二郎だとマシ無しで小ブタでも麺と具を食べきる位でお腹いっぱいでスープを飲むのは少々きつくなりますが、ここは普通盛りだと680円でスープもほどほど飲めて堪能出来ます。

2022年3月 6日 (日)

モデルガン ヒストリカルノート

Kimg0186春一番もふいて、ここ最近は日中は気温が上がってきましたが、バイクだと走ると寒さも感じますので、面倒ながらヒートウェアは着用して様子みてます。 ここ最近トイガンは買ってませんが、モデルガンは好きなので先日発売になったモデルガンヒストリカルノートを購入しに、いざバイクで書店へ。 トイガン関連月刊誌でも物によっては置いてない雑誌もあったりするので、こういったムック本は尚更置いてない可能性も考えて、去年から複数のショッピングモールに、なんと2店舗ほど書店が開店して、あまり行ってなかった、ムックが置いてありそうな大型の書店に久しぶりに行くと・・・。 なんか様子が変。 閉店?かと思いきや、なんと改装中。 改装で良かったけど、今時なので、ちょっと焦りました。^^: 仕方ないので、隣の市の同系列書店に行こうかと、バイクで走りながら途中にある書店に、ひょっとしたらあるかな~?とか思いながら、無かったら面倒だしとか考えながら、ふと通り道に千葉じゃ大きいトイガンショップがあるのを思いだし、そこなら雑誌も置いてたからあるかもと思い、普通に数冊置いてあって何事もなく購入。 書籍なのに、割引ポイントも使えてお得。 トイガン関連本は今度からここで買おう。 トイガン関連月刊誌は最大手と思うA誌でも数冊置いてあるか、あるいは取り扱い無しな書店もある時代。 G誌は自分の近辺での話ですが、割とどこでも置いてあるようなイメージ。 これも自分の近辺のイメージですがC誌は有ったり、無かったりで有っても取り扱いは少ない感じ。 かたくなにVN戦の特集が組まれ続けていますが、普段着として使えそうなサープラスとか位は好きですが、また一大映画ブームがあったころのような時代でも来れば重宝しそうです。 良く考えるのは、A誌とG誌は今や同じ出版社なので、どちらかの発売日を半月ほどずらせば新着情報も同じような内容にならず、新情報が見たい両方の読者とも増加するのではと思ってますが。 で、随分逸れましたが、モデルガンヒストリカルノートは、モデルガンとなっていながらモデルガンの衰退時期を考察しているので、エアーガンの台頭してきた歴史がかなり興味深く出ています。  誰しも年はとりたくないないと思いますが、様々な事の栄枯盛衰をリアルタイムで見る、感じることが出来た世代の一つの分野としてモデルガンの良い時代に関われたのは良かったです。

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ