« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月25日 (日)

ワンフェス2024 冬へ ①

Kimg6872_01_burst1026872_cover行ってきました。造形の祭典。 2月11日幕張メッセで午後割りチケットでの入場です。 今回から会場での午後割りチケット販売がなくなって当日チケットはあるものの午後から行く予定でもチケットは1種類だけなので注意です。 例によって午後割りの当日チケットを買うつもりでいましたが、なんとなく事前にサイトを見たおかげで知ることが出来て、事前にチケットを購入するなら、いくらかお安い午後割りチケットが購入できるので、面倒ながらもコンビニで入手して入場。 ぱっと見でも千人とかは午後一時前に並んでましたがスムーズに入れました。

Kimg6877_01_burst1026877_cover電動ブリキロボットならぬ電動ブリキロボット型ソフビモデル。 これなら大サイズで壊れないし飾るだけなら雰囲気が楽しめる。 会場に近い駅はJR京葉線海浜幕張ですが、京葉線が今春のダイヤ改正がちょっとした話題になってます。 今後の幕張メッセに影響が出るかもしれません。 もともと東京ビッグサイトで行われていたワンフェスがあの安全なら見栄えもする超長いエスカレーターでの将棋倒し事故以後、幕張メッセに会場を移してからもう久しいですが、今もメッセでは通常程度の長さのエスカレーターも止められていますので、この辺は徹底してますね(エレベーターはあります)。

Kimg6878_01_burst1026878_cover 昨年地上波ローカル放送で大映作品多数見られましたが、大映の怪獣は円谷怪獣にない魅力を感じますね。 千葉県在住なので、メッセで開催されるのは個人的には大変ありがたいです。 東京モーター(ジャパン・モビリティ)ショーは晴海に戻ったわけではないですが、東京に戻っちゃいました。 で、都心部の人にはあまり影響のない話ですが、ダイヤ改正後、朝と夕方の通勤快速はおろか快速も廃止となってこの時間帯は全て各駅停車になるとのこと。 電車もあまり乗らないうえ、京葉線は更に地元路線でもないので、個人的に今回のような利用だけですが、かなりいきなりな話でもあるので、ネットニュースで動向を注視してます。

Kimg6879_01_burst1026879_coverミニサイズデフォルメラジコンタンク。 塗装済み完成品でコントローラーまで付いてるのは自作でこの価格はお買い得ですね。 完売も頷けます。 WTMの豆ラジコンは最初片輪だけしか動かないタイプでしたが面白かった。 で、幕張メッセにどんな影響があるかと言うと、日中の時間は当面快速はあるものの、それ以外の時間帯は各駅になってしまうとなると、メッセ等の集客力に影響がでるのではないかと懸念されます。 メッセで開催されるイベントも無数にあるので、個人的にはワンフェスがどこかに移ってしまう可能性も出てきます。 東京駅まで快速で30分ほどなら地方の方も許せる範囲かもしれませんが、行きは良くても五時過ぎたら快速が乗れなくなるとかすると、なんか変ですね。

Kimg6882_01_burst1026882_cover仮面ライダー末期の頃の怪人群。 集まるとなんかカラフルでいいです。 このころのライダーも好きです。 もともと東京駅~蘇我駅間を37分だったか、うらやましい限りの駅のすっ飛ばし方でしたが、これを見越して住まいにされた方も多いと思うので、寝耳に水でしょう。 しかも快速すらなくなるとは。 自治体も猛反発で異例のダイヤ見直ししたものの、かなり不便な時間帯に2本の復活で、まだまだ要望が続いてますね。 これ以上の見直しは他の路線との兼ね合いもあるので、難しそうな気もしますが、次回はせめて快速は復活されるのを期待します。 昨年久しぶりに幕張に新駅が出来たと話題にもなりましたが、これでは用事の無い人は、ただ停車駅が増えただけになりかねませんね。

Kimg6883サチはゲタを手に取って殴りかかってるようなシーンのイメージが強いです。 おっつぁんは妙にリアルタイプです。 そんな、事情から個人的には京葉線問題はワンフェスにも影響が出てくるのか心配してます。 

Kimg6882_01_burst1026882_cover_20240212173902 もちろんジョーもいます。 昔はジョーの髪型は再現が難しいとされてました。

Kimg6885攻殻機動隊はあまり見たことないですが、造形が良かったので。 いまは3Dプリンターでここまでリアルに造れるんですね。

Kimg6886_01_burst1026886_cover週一の放送なのでいまもマジンガーZ放送されてますが、ダンボール製のマジンガーZのヘッド。 パイルダーも載ってるし兜甲児もいます。原作版?でしょうか、目の辺りのラインがカッコいいです。

Kimg6892ボーンフリー、アイゼンボーグ、コセイドンとかは世代じゃないので、詳しくないですが、こうやってメカを見るとカラフルでいい形してますね。 アニメと特撮の合体作でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年2月18日 (日)

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 観賞

Kimg6332年開けて、さらば~も3週限定公開です。 期間も短く上映館も少ないので、小ぶりのスクリーン会場のためか、年配の人が多く感じましたが10人位はいたような。 2作品の公開のみですが、好評なら他の作品も見られるかもしれません。 この映画は公開時に見ただけで、それ以来だと思います。 グッズなんかも百貨店とかでも売ってたので、かなりのブームだったと思います。 友達数人と見に行きましたが、大人ぶりたい年齢にもなっていたので、当初は見るのはサタデーナイトフィーバーと、どっちにしようか、なんて話をしたり懐かしい思い出です。 検討しながらも個人的に見たいのは、ヤマトでしたが。w  話なんて覚えている訳もなく、記憶にあるのは、髪と眉毛のつながりが変わってるズォーダー大帝と、白色彗星と、パイプオルガンの不気味なBGMと、沢田研二さんのエンディングでかかる挿入歌位でしょうか。 当時、歌手が歌う挿入歌は結構珍しかったような気がしますがお気に入りでしたね。 2時間半位の結構長い作品でしたが、ほとんどストーリーも覚えてなく、ところどころ思い出しながら見られました。 デスラー総統の「君の恋人か・・・」というセリフは何故か記憶にありました。

Kimg6333 週ごとに変わる2週目の入場者プレゼントのチケットホルダー。 1作目と違って映画として製作されたので、流れに前作のような違和感がないです。 森雪のサービスショット?が、そういえばあったんだなぁ~。 なんか森雪の絵柄のメモ帳かなんか買ったっけ。 今では、声優さんも本人が露出したり声優以外の仕事するのもあたり前ですが、個々の声優さんの知名度も上がり、人気が出てきたのもこの頃なんでしょうか。 森雪の麻上洋子さんも人気で、鶴光のオールナイトニッポンでセクシーじゃないけど、そう聞こえるようなショートラジオドラマみたいなコーナーが単発であったのを思い出します。 白色彗星が正体を現すのは記憶してましたが、更に二段階だったのは覚えてなかった。 巨大戦艦はなんか一瞬スーパーカーみたいなフォルムに見える。 その後立体化されたのか不明ですが、スケール合わせるとヤマトと比べてとんでもないサイズになりますね。 ラストに出てくるメッセージと、さらばと題するだけあって、相当なキャラを亡くしてしまいましたが、最後は地球のための犠牲とは言え、特攻とも思えるような最後は今の時代は受け入れられないかもしれませんね。 今作もヤマトは結構なダメージを何度も負うものの、シーンが変わると、ところどころダメージがある程度になって直ってるのが、どうにも不自然で、これなら船体の要所が爆発したり、砲が吹き飛んだりするシーンは無い方がいいです。 内容を忘れてはいますが初見ではないのと、当時は最後だと思って見ていたので、今見ると大分イメージが違いますね。 アンドロメダや敵の、昆虫のようなデザインを取り入れた戦闘機等のデザインは今見ても結構カッコいい。 夏から公開の全7作の新作のムビチケセットも発売され今も愛されてるんですね。

 

2024年2月11日 (日)

STARDOM POP UP GRANDPRIX in LOFT 千葉LOFTへ

Kimg6125 もう終了してますが、期間限定のショップに行ってきました。 昨年秋の渋谷から、大阪、名古屋で開催されて千葉の後は福岡で開催されましたので、今後も各地で開催されるかもと思っていたら池袋で16日から開催され、そのあと仙台でも開催されるようです。 撮影可の画像の選手のサイン色紙の裏側に等身大パネルがにあります。 

Kimg6127_20240127092001丁度、昨年リアルタイムで渋谷ロフトの白川選手のゲリラ生配信の動画を見てましたが、どんなグッズが置いてるのか紹介してくれてます。 装飾用のようですが、スケボーのボードなんて面白いですね。 元旦の東京MXテレビでのスターダムの12時間放送も今年も楽しめました。 動画でも見られます。 一時期欠場選手が多くて、心配でしたが、新しい選手も増えて、欠場選手も解消されてきてますが、魅力ある試合内容が見どころですが、欠場になるほどのダメージを負わないような試合で楽しませてほしいです。 

よくあるユニットの選手が抜けたり、加入したりじゃなく、ユニットの解散は衝撃でした。 動画にて無所属になるから、また組むこともあるかもと、匂わせてはいましたが、いずれ一人で海外に向けて進むための解散なのか?。 意外だったのは、テクラ選手がうまく日本語をしゃべってたこと。←そこなの?。w

そして、今回のスターダムの解任劇に関しては激震が走りました。 一番心配なのは、選手がバラバラになってしまうのではないかと言うこと。 個人的に推しの選手は2人ほどいますが、それは他の個性的なカッコいい選手もいっぱいいて、お互い試合を繰り広げてくれるのでここまで熱中してますが、この先の動向が気になります。 昔、新日から主要選手が大量離脱した頃から、段々プロレスを見なくなってしまったので、二の舞はさけてほしいです。 あの頃は動画サイトなんかなかったので、テレビで放送されない団体は直接見に行くしかなかったですが、他団体選手の参加も普通に組まれて、今は動画があるので、当時とは事情が変化してますが、やはり多彩な選手がいてこそだと思います。

 

 

2024年2月 4日 (日)

昭和の懐かし自販機 その1 オートパーラーシオヤ

Kimg4227_01_burst1024227_cover昭和の50年代位はどこでも見かけたような麺類やパンの自販機がコンビニの台頭でしょうか、いつの間にか見かけなくなって、近年懐かしい世代や知らない世代にも人気のようで、テレビでちらほら見るようになって、ズラリと自販機が並んでいる所もあったりして中々盛況のよう。 自分の思い出だと、うどんそばの自販機と、ホットサンドの自販機ですね。 さすがに需要がないと思い、見かけませんが昼間は見えなくなってて、夜になるとライトが点いて見えるようになって買えるようになるエロ本の自販機なんてのもありましたね。w 成田市のオートパーラーシオヤは旧下総町にありますので、市街地からは離れてますが、道も良く旧車のバイクがいっぱい走ってました。 

Kimg4229砂利の駐車場も広く先客の車やバイクがあっても余力があります。 中に入ると、良い感じに古びた見かけない自販機が数台。 稼働してないのもあったかな。 

Kimg4230_01_burst1024230_coverお目当てのうどんそば自販機。 一社提供だったのか、やっぱり、この看板?を見るだけで非常に懐かしい。 高校の近くにもあって昼とか抜け出して食べたこともありましたが、今じゃ探さないと食べられないですね。 知らない人にはカップ麵に自動で熱湯入れただけ?と思われるかもしれませんが、カップヌードルの自販機も右に見えますが、これはゆでめんです。 カップ麵の自販機は今も見かけますが、このカップヌードルの自販機は当時物なので、佇まいが違います。

Kimg4233天ぷらうどん。 350円。 カップは熱くないですが、食べると熱々です。 昔はプラ容器だったような記憶がありますが、これは違いました。 中で麺を回転させて湯切りして出てくるので、暫く待ちます。 すぐ食べ終わっちゃいますが、ここで食べるのがおいしい。

Kimg4234連れが食べたそば。 県内、近県にも自販機コーナーあったので、またそのうち記事にします。

余談・・・ドラマ「不適切にもほどがある!」見てますが、クドカンファンにとっては、久しぶりの往年の製作チームで面白くないわけがないですね。 80年代ってこんなんだったと笑えて、更に脚本、演出でやっぱりはまっちゃってますね。

 

 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ