« シド・バレット 独りぼっちの狂気 観賞 | トップページ | 山梨県へ »

2024年6月30日 (日)

スターダム 6.29 後楽園ホール大会へ

Kimg0448_01_burst1030448_cover昨日の後楽園ホール大会行ってきました。 やっぱり現地での、待ってる時も含めて期待感やワクワクは気分が高まる。 5月の千葉大会以来、6月も見たいなと思い適当に選んだ後楽園ホール大会ですが、いろいろあった22日の次だったので、各選手の動向やカードにも期待が高まりました。 自分側から見られた小ネタもあったので書いときます。 冒頭いつもと違う始まりで登場したのが新日棚橋社長が株式会社スターダムと家族・兄妹ような関係として協力もしていきたいとサプライズ登場。 一人QQになったしまった上谷選手がハイスピードを防衛。 セコンドにはもう旧QQのメンバーはつけないのが痛ましい。 フキゲン選手は東スポではなく週プロ片手でした。 特に大江戸隊のセコンドの反則もなくいい試合でした。 さくら選手がシングル初勝利。 安納選手は無言のままだったので、今回姿を見られただけでも良かったですが、壮麗選手からのスリーカウントはショック。 壮麗選手や羽南選手は体格に恵まれてるのもあるかと思いますが、最近の台頭は目覚ましい。 安納選手は4日になつぽい選手とタッグで仙女と対戦が発表されました。 スズキッドユニット?対大江戸隊は 冒頭から荒れて桃選手が天咲選手を自分近辺の椅子に投げ飛ばしたので座席が無茶苦茶に。 キッド選手は琉悪夏選手から誤爆事件以来と思いますが直勝ち。 シングル戦も見たいですね。 セコンドについてただけの鈴季選手が刀羅選手にやられてました。 テクラ選手が髪の毛を引っ張って連れまわして近くに来た時、近くの人が「髪の毛はやめて」と言うのを聞いて、「イマ、イッタノ、ダレ?」とにらまれました。 怖いのもあったけど、それにしても日本語堪能の方が凄いな。 フューチャー戦は何度も危ないシーンがありましたが、時間切れ引き分けの見応えのあった試合で吏南選手の防衛。 相変わらずマイクパフォーマンスがうまいですね。 ゴッデス戦はどっちも強いので、分からない試合でしたが、ゴッズアイ組の勝ち。 関節技で決まるのは見応えがあります。 朱里選手が自分近辺の前でコグマ選手を抑え込んでいたので、コグマ選手はカットに行けず。 朱里選手が抑え込むのに専念していたので、勝ったのか状況を聞いてくれたのが超嬉しくて一体感を感じられました。 もとは葉月選手が決めた対戦相手ですが、これでくよくよするなんてことはないはず。 決着した時は眼もうつろになってて、リングを降りるも自力でころがりながら、そのままドサっと落ちたので相当のダメージなのが分かりました。 朱里選手と小波選手もあのコスチュームで行くんでしょうか、カッコいい。 試合後、大江戸隊が現れて、対戦表明してましたが、ゴッデス戦なのか、言っていたユニット潰しの一連なんでしょうか、画像は投げられてロープに引っ掛かったマイク。 正面とは逆側の位置でしたが、赤コーナー側だったのでの選手をいっぱい間近に見られて最高の日でした。

 

 

 

 

« シド・バレット 独りぼっちの狂気 観賞 | トップページ | 山梨県へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シド・バレット 独りぼっちの狂気 観賞 | トップページ | 山梨県へ »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ