« スターダム 6.29 後楽園ホール大会へ | トップページ | 出先の出来事 »

2024年7月 7日 (日)

山梨県へ

Kimg4372_01_burst1024372_coverもう去年の秋ごろの訪れですが、山梨県に行ってきました。 甲府に一時期住んでたので、その頃の友人と巡りました。青木ヶ原樹海で有名な場所近辺の風穴から遊歩道となっている脇道を歩いて鳴沢氷穴まで20~30分位で行けるので、散策がてら樹海の中を歩きました。 全方位、木で囲まれてるので、道を外れないよう注意です。 ご存知のように下が溶岩なので、倒木も多く不気味で、地面も起伏があって固く歩きにくいです。

Kimg4373風穴や氷穴は狭く水気があって暗いですが、下って登って、割とすぐに終わってしまいます。 まだまだ暑かったので涼しくて丁度良かったです。

Kimg4381甲府城。 自分がいた頃は舞鶴城の方が通り名として聞いてたように思います。 駅前にあるので、信玄の居城と思う人もいるかも知れませんが、お住まいは別です。 いないか。 天守閣はありません。 信玄公祭りに合わせていったので、会場となっていたので、尋常じゃない人出だったので、うろうろ出来ませんでしたが、当時は戦闘機やジェット機が展示されてましたが、今でもあるのかな。 確か雨ざらしっだと思うし、どうかな。 

Kimg4385自分がいた頃はやってませんでしたが、物凄い規模のお祭りでした。 ゲスト、企業、有志の人たちが信玄公や武田二十四将に扮して順に勝鬨を挙げて練り歩くので、日中からやってましたが、夜までやってました。 時々馬も歩いてます。 毎回ゲストが来るようで、この時は冨永愛さんが信玄公役でしたが、すさまじい人出で、見ることすら出来ません。

Kimg4371_01_burst1024371_coverこちらが武田氏ゆかりの武田神社。 車で行きましたが甲府城と反対側の北口を真直ぐ行って山梨大学を更に過ぎるとたどり着きます。 歩くとちょっとかかります。 画像の後ろ側が神社でこっちは駅まで道が気持ちいい位真直ぐです。 画像から左方向に、コンパクトな峠道の愛宕山に通じる道がありますが、当時、CMで確か電話がなってるだけとか、妙なインパクトのある「名前のないホテル」のCMが記憶に残ってますが、通って見たらなんとびっくり、「HOTEL NO NAME」、ホテル ノー ネームになってました。 敬意は分かりませんが、思わず友人と歓声をあげちゃいました。 特急に千葉行きなんてのがあったのを知って、もっと身近に感じました。 リニアが出来たら乗ってる時間は品川から甲府まで約20分位だったか、恐ろしく近いな。 色々と事情があるのかも知れませんが、品川甲府間だけでも元々の開業時期に開業して資金を活用すればいいのにとも思ってしまいますが、ダメなんでしょうな。

余談・・・先日、深夜ドラマで量産型リコが始まった。 忘れた頃のシーズン3で定番ドラマになるのかなと思いきやサブタイトルが最後の、いや最初の、に変化、いや最後の、になったので、これでラストなのでしょうか。 それでもまた見られるのが嬉しいです。 演者さんは多くが引き継いでますが、模型店があってリコがプラモを作るのは変わり有りませんが、舞台や設定が全く変わってます。 前作の街の模型店が地方の古い佇まいの模型店に。 こっちの方が味わいがあるかな。 オープニングでテレビで見たような静岡駅あたりにあったような大きなプラモのランナーのモニュメントが。 体重かけて飛びぬけられるので、頑丈に出来てるようなので、借りてきたんでしょうか。 暫く楽しみです。

 

 

 

 

 

« スターダム 6.29 後楽園ホール大会へ | トップページ | 出先の出来事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スターダム 6.29 後楽園ホール大会へ | トップページ | 出先の出来事 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ