2019年10月22日 (火)

ヴィンテージ バイク キット Vol.5 ヤマハRZ250/350

 

 

 

  Kimg0123_01_burst1000123_cover エフトイズの食玩。 お試し買いで、どんな物かと言う感じで造ってません。RZ250は当時でも長い間爆発的な人気があって周りでも乗ってる人多かったし、街中で良く走ってました。 個人的にオートバイらしい形状の最高峰のデザインと、時折書いてますが、当時の自分は打倒RZとして発売していた初代のVT250Fに乗ってました。^^ オートバイのカローラと言われてた位売れたようですが、2ストのようなピーキーさも無く癖がないのが良かったです。 RZは今じゃ高嶺の花ですね。
  Kimg0124_01_burst1000124_cover_20191022151201 1/24サイズと小さいですが、デカールや細かい塗装で塗り分けられてます。 自分が引きあてたのは横ラインのニューヤマハブラック。 当時は白が好きでなおかつ350のラインやXJと同じタイプのラインが好みだったので、横ラインで黒はあまり好きではありませんでしたが、今じゃとても良く見えますね。 
Kimg0125_01_burst1000125_cover この火焔ホイールだったか、これもカッコ良かったなぁ~。 今でもたまにみかけますが、ばらついたようなエンジン音もいいし、アイドリングでもポンポンと煙を出してる姿は希少な姿ですね。

2019年10月14日 (月)

ワンダーフェスティバル 2019 夏へ ①

 

 

Kimg2453 7月の下旬でしたが、ワンフェスに行ってきました。 今回も色々拝見してきました。 メディコム・トイの浦見魔太郎。 こんなのフィギュア化してくれるのは好きな人にはありがたいです。 コノウラミハラサデオクベキカ。
Kimg2455 この辺も程よいデフォルメ感でありながらリアルでいい感じの出来のフィギュア群。 自分にとっても馴染のヒーローたちも多く並べてみると壮観ですね。
Kimg2456 サイドマシーンとキカイダー。 やっぱり今でもカッコいいなぁ。  来年出るようです。
Kimg2457 こちらは9月発売予定となっていたので、もう出てると思いますがライトも点灯するし、本郷猛の、お顔も似てますし魅力的ですね。
Kimg2465 ワールドウィングスデフォルメ第3弾。 月光VSB29。 12月予定のようです。 見かけたら回してみよう。
Kimg2469 これは今続々と出てる手の平サイズのサターンとドリームキャストのゲーム筐体・・・では無くモバイルバッテリーだったかな?。 ミニサイズでかわいい、遊び心のありますね。 実物は自分は両方とも持っていたので懐かしい。参考出品。
Kimg2471 これはモトコンポのガチャの第2弾。 色変えですが、人気だったんでしょうか、周りでも欲しがってろ人いました。
Kimg2472 アオシマのRG250Γ。 1/12で完成品となっているので、プラモじゃないようです。 初代ガンマは馬力やフルカウルやフレーム等々、衝撃的デビューで垂涎の的でしたね。 個人的にカウル付きで好きなバイクの一つ。
Kimg2473 早くも蘇った刀が完成品で展示。 往年のカタナとはイメージは同じにはなりませんが、これはこれのカッコよさを感じますね。
  Kimg2493_20191012183801 こういったのもあるんですね~。 これにはびっくり。 結構人だかりでうけてました。

2019年9月23日 (月)

SHODO X 仮面ライダー 5

Kimg0052_01_burst1000052_cover_20190923164001 SHODO X  仮面ライダー5 仮面ライダーBLACK。 ブラックが放送された頃はもう大人でしたが、久ぶりの仮面ライダーで中々硬質なイメージで面白かったので結構楽しみに見ていた記憶があります。 戦闘シーンもワイヤーワークっていうのか、飛び跳ねたりも確かあったと思います。 第一シリーズの頃より随分進化してました。 RXも見てたと思いますが、デザインがあまり好きではなかったので今回は購入しませんでした。
Kimg0053_01_burst1000053_cover 程よい組み立て工程で、2個でバトルホッパーが出来上がります。 今でいえばAIを搭載したような意志を持ったようなバイク。 わかり易いバッタの外装を持ったバイクですが、あまり立体化した物を手にしたことがないので新鮮。
Kimg0054_02_burst1000054 ライト、目の部分のクリアーなカラーが素晴らしい出来です。 

2019年9月 8日 (日)

超動ウルトラマン4

 

Kimg0008_01_burst1000008_cover_20190908104501 全種買ってはいませんが、ゼットン。 当初買わない予定でいましたが、飾ってあるのを見てボリュームがあってクリアな部分とか迫力もあるので購入。 アソートが少なかったようで何店舗かまわって入手。
Kimg0010_02_burst1000010_20190908105301 初代ウルトラマンも見飽きたフィギュアでしたが入手。 ULTRAMANのみ買ってません。
Kimg0011 今回の目玉だと思う拡張セット3個から出来る科特隊基地。 基地って全体像をあらためて見るとこんな形だったんだと実感。 成田氏らしいアートな形状。 貼ってませんが、付属のシールでもっと、らしくなります。
Kimg0013 ジェットビートルや科特隊専用車も付属。
  Kimg0014_20190908110602 商品名が色々と変わるのでウルトラもライダーも統一ブランドで展開してもらえるとうれしいのですが。

2019年8月12日 (月)

SHODO 仮面ライダーVS 結成!悪の軍団!

Kimg2556 掌動 仮面ライダー ヴァーサス。 戦闘員は数が欲しい人が多いでしょうから、ヒーロー無しの弾でも需要があるので成立するのでしょう。 記憶だと割と初期位しか出てなかったようなショッカー戦闘員(ベレー帽)。 
Kimg2558  ショッカー戦闘員(骨)。 この戦闘員がやはり一番長く君臨してたような気がします。 しかし、弱いイメージがまとわりつく。 イーッ!。
Kimg2559 デ~ストロ~ン戦闘員。 一見骨戦闘員っぽい柄や色使いに見えてしまいますが、胸のデザインがなかなか秀逸に思います。
Kimg2560 ショッカーライダー(2号)。 アタッシュケースの小道具が付いてます。 
Kimg2564 ショッカーライダー(3号)。 4色分のマフラーが付属するので他のショッカーライダーが再現出来るパーツがお得。 複数体集めれば並べることも出来る。 他に以前紹介したゲルショッカー戦闘員もラインナップ。

2019年7月28日 (日)

クレヨンしんちゃん トロッコカー

Kimg2446 前回のすきすきセットに付いてたクレヨンしんちゃんトロッコカー。 特にファンとかではないものの、小物のオマケみたいな物は好きで集めちゃいます。^^: 3種位揃うとダブりが多くなって全5種までとなると、そう簡単に揃いませんでした(個人的にですが運が良い人は少ない数で揃うんでしょうね~)。 プルバックカーになってます。
Kimg2449 レールプレートが付いていて、輪っか状の出っ張りがあるので、走らせるとタイヤがレールから外れないようになっていて、動く間はグルグル周り続けます。 同サイズ位で電池で動く車とかあれば置いとけば長い間廻っていてくれると思うので、眺めてても楽しそう。 全部が円状のレールプレートなので、半円とか、ストレートとか造って、それを組み合わせて、そこそこのサイズのオーバルコースなんかで遊べたり出来そうな気もします。

2019年7月14日 (日)

超動ウルトラマン3 セブン ホーク1号

Kimg2321 SHODO系のシリーズが結構な勢いで出てくるので好きな物だけ購入している自分のような集め方はアソートが少ない物は店頭から消え易いので箱買いするより大変な時もあります。 ウルトラセブンはそうでもないですが、多店舗まわるときも多いです。 箱買いすれば楽ですが、一個あたり約500円と多数買うと高額ですし、個人的に欲しくない物があったり、ダブりも出てしまうのが難点。
Kimg2324 今回の弾の個人的目玉はウルトラホーク1号。 組んだだけの状態ですが、中々のプロポーション。 貼ってませんがかなりリアルに仕上がりそうなシールも付属してます。 このホーク1号を手に取って駄菓子屋とかで、コロ走行出来るこんな位のサイズのホーク1号を持っていたのを思い出します。 機体もぶっとくてリアルな感じでは無かったですが、きちんと分離出来るタイプでした。
Kimg2325 これもα号、β号、γ号に分離できます。 台座付き。 拡張セットの一部に入ってます。 後方から見ると劇中の発進シーンを思い出します。 しかし、縮尺を考えるとかなりデカい機体。

2019年6月18日 (火)

最近入手のチョコエッグ カプセルトイ等

Kimg2300 今回は全種とかではなく、一個だけ入手したものをご紹介。 一時期ほどのブームは無いですが、チョコエッグも様々なキャラクター等で今も続いてますね。 自分は今はあまり購入してませんが、チョコエッグ、ドラえもんのドラえもん(マイク)。材質は軟質ですが、色味や出来は良いですね。
Kimg2301 こちらは、カプセルトイで、新型ジムニー。 タイヤのコロ走行が出来る位で、小粒ながらプラモデルメーカーのアオシマ製なのでモールドもしっかりしていてなかなかの出来です。 実車が登場したころは、予約しても1年待ちとか言われてましたが、最近は街中でも、店頭とかでも置いてあったりするので解消されたのでしょうか。
Kimg2302 これもアオシマ製のゴリラ。 ハンドルをしまった状態を再現出来たモトコンポと違ってハンドルは固定で完成しているので飾り易い。 ハンドルとタイヤが可動。 エンジンなんか丁寧に再現されてます。

2019年6月 4日 (火)

SHODO X 仮面ライダー③

Kimg2291 掌動シリーズの仮面ライダーシリーズの開くの軍団も出てしまっているのですが、その前に出た仮面ライダー新1号。 スーツもカッコ良くなって本郷猛が返り咲いて絶好調だった時期ですね。 今では旧1号の方が好きですが、当時はこっちの方が洗練されてて大人気でした。
Kimg2290 新2号と共演していた時期も印象に残ってますね。 赤いイメージで、ラインも力強い1本で、1、2号どちらも良かったです。こんな決めポーズも難なくこなせてしまいます。
Kimg2289 原作マンガには13人の仮面ライダーと言う話があった思いますが、雨の中13人の仮面ライダーがそれぞれバイクに乗って対峙しているようなシーンがあったかと思いますが、さすがにテレビでは、それだけの人やバイクを用意するのは無理でしょうが、ショッカーライダーはそれでも6体も登場。 大方の特撮でもニセなんとかで、本物とちょい違うニセモノヒーローが出てくるのは常套でもあり、人気な回でもありました。 ハカイダーと同じく、1体で活躍している内はイイのですが、カッコよくても多数出てくるとキャラ力が弱まってしまうような気もします。

Kimg2288 個人的な今回の目玉は、ふた箱で「にせ新サイクロン号」。 タイヤ、ハンドル、サイドスタンド等可動。 塗装、シールなど全て完成済みなので組み立てるだけ。 色味は本物のサイクロン号より好きです。

Kimg2293 乗せる事も可能。 乗車時の手なんかは別パーツで付属。 ショッカーライダーはあまり強かったイメージは無いのですが、黄色が映えるので好きですね。 この弾にはこちらも二個一ですが他に本家新サイクロンがあります。  悪の軍団編でショッカーライダー6号まで再現できるパーツが付属出来るので楽しみ。

2019年5月 5日 (日)

ウルトラ怪獣名鑑 新たなる挑戦編

Kimg2226 名鑑シリーズというとHGより若干小ぶりで小さなジオラマ性を持った食玩シリーズって印象ですが、ウルトラQからモノクロで5種発売になった。 ネットから購入したので受注生産品かと思ったら専門店でも販売されてたのを見ました。 需要が限られている為か、一個あたり約1000円近く高額。SOS富士山よりゴルゴス。

Kimg2227 近年はバラエティ番組でも出てきて知名度も高いM1号。 カラーテレビが普及してからはウルトラQの再放送は少なかったので、怪獣図鑑位しか姿を見なかったのでおよそ怪獣らしくない風貌で謎な怪獣なイメージでした。 各台座にサブタトルが特徴ある書体で描かれているのが、いいです。 これには実はステッキ状の細い棒が付属してますが、多分折ってしまう可能性が高く付けてません。
Kimg2228 ガラモン。 小さいのによく出来てます。 ウルトラマン、セブンの名鑑も勿論買ってそのシーンの切り取りに楽しんでましたが、シークレットの多さ、シークレットじゃない物にも何種かあるとか、箱で買っても揃わないとか段々完全に集めるのは面倒になって閉口し、途中から辞めてしまいました。 新マン以降は全く買った記憶がありません。
Kimg2229 セミ人間。 これもカラーテレビのからみでセミの頭でスーツ来た宇宙人的なバルタン星人の元の着ぐるみ程度の漠然としたイメージでした。 昆虫モチーフなのでカッコいいので後々映像で見るようになる前も気になる存在ではありました。 劇中ではわずかな登場時間でしたが、 ショップのM1号でのスタンダードサイズのソフビとして往年の形やパッケージもそれらしく再現されて販売されたのは衝撃的でした。
Kimg2234 2020年も遠い先の未来だと思ってましたが、もう来年の話。 HGのケムール人もブースカと一緒のラインナップで気に入ってました。 画像の「柵」には棒があって、そこのケムール人を差し込むようになっているのですが、破損しそうなので完成とは向きが違ってます。^^;  新たなる~となっているのでこの先もあるのかどうか。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ