2018年11月25日 (日)

プラ製 無可動 CMC ダイアモンドバック

Kimg1939_2で、今回はMJQのP-38と一緒に買ったCMCのダイアモンドバックです。 いつもと同じく当時を彷彿させる外箱と、縮小版の取説とプラ製の本体。 ダイアモンドバックは購入意欲が無かったのは、自分が熱心に買ってた頃は、映画、海外テレビドラマとかでパイソンの人気に火がついていたので似たシルエットではありながらカタログ位でしか見た記憶がありませんでした。
Kimg1940画像のように荒い仕上がりに見えたのと、思い入れがなかったので購入を見送りましたが、仕上がりは元型に忠実だったのと、第一弾がベレッタで中断するとのことで一種だけ買わないのもなんなので、購入。 今はもうパイソンは持ってないのではっきりと言えませんが、使用カートリッジのサイズと思われますが、若干小ぶりに感じます。
Kimg1941トリガー下方に型から抜いた時の湯口が短くありますが、購入時はトリガーから後方へも長い湯口が有りましたが、押して折ってしまったのでスッキリして見えます。 グリップのメダリオンはCMCをデザイン化したものになっています。  当時のCMCの亜鉛合金モデルガンの表面は結構荒かったのでしょうか。 
Kimg1942エッジがしっかりと型抜きされているのが気持ちいいです。 ただやはり軽いし、全く動きません。カートリッジは装填された状態で造られてます。 パイソンは鳴物入りでデビューしたMGCのプラパイソンを購入しましたが、コルトのリボルバー型モデルガンはローマン、トルーパーなんかも、その後人気でした。 
Kimg1943銃口もシリンダーも直前近くまで塞がってます。 ダイアモンドバックは他社でもモデルガンは造ってなかったような気がしますが、パイソンは人気があったので他社製も人気で国際のパイソンも持ってました。 記憶に残るのは簡単に折れそうな位、薄~いハンマーが印象に残ってますが、それでいて案外折れなかったような記憶があります。

2018年11月13日 (火)

パンツァー 完全版

Kimg1935_2復刊ドットコムは懐かしい書籍や希少な書籍が少々値が張りますが新刊で購入出来るので、時折チェックしてますが、上田信のパンツァー 完全版を購入。 1960年代に連載されていた劇画ということで、読んだことも中身も知りませんでしたが、発売前から気になってました。 独軍をメインにした劇画というと、どうしても小林源文の作品が浮かんできてしまいますが、パンツァーはもっとずっと以前の作品として存在してたんですね。 文字も大きく振り仮名も振られていたり当時とかだと小学校高学年位からでも解り易く読めそうな感じに作られているようで、読みやすく一気に読めてしまいます。 大戦を追いつつ物語の柱に独中尉に恨みを持ち執拗に追い回す敵兵が話の軸になっているのが印象的。 現在の絵のタッチで描かれた描き下ろしパートも読めます。

2018年10月29日 (月)

プラ製無可動 MGC P-38

Kimg1920_3浅草ブラックホールで購入したプラ製無可動のSW44を購入した時に、今回のワルサーP-38は某ブースで予約を受け付けてる状態でCMCのダイアモンドバックは品物が買える状態でしたが、こちらは特に思い入れもなく、仕上がりも悪く見えた(実は違ってましたが)ので見送りました。 やはり資料なんかで見るこのP-38を構えた独兵のイラストは印象的です。
Kimg1921P-38は、当時はMJQの物はチラシだけ所有してましたが、モデルガンも当時はマルシンとCMC(STD)は所有してて個人的にP-38に目新しさを感じなかったので、P-38も購入は見送りました。 その後、アメ横行った時の某店舗で44、ダイアモンドバック、MJQP38の3つとも並んでいて、その頃ハイパトの予約なんかもしていた。
Kimg1922メーカーでは、その次のベレッタで一区切りとするとなっていたので、思い切って買ってしまうかと、その時MJQとダイアモンドバックを購入。 してハイパトも予約。 しかし、こんなペースで造られると簡単に出来てしまうのかなぁと思ってしまったりする。 買った所でプラで軽いし動かないのですが、グリップやフレームの質感の違いや傷さえも再現されてるので見た感じはいい。
Kimg1923_2製造上トリガーガードとトリガーの間に湯口があって見栄えが今一つで、なんとなくハイパトの湯口を押してたら折れて取れてしまったので、ついでに他のモデルも取ってしまいました。 なので新品で買うと画像のような状態ではありません。 良く分からないかもしれませんがトリガーの前方の短い湯口はそのままになってます。 
Kimg1924smやMJQ等、文字も綺麗に再現されてます。 結局全て購入してしまいましたが、市場から消えた頃にまた再開するようですが、これだけ早いペースだとついていけない気もしますし、次の予定とされてるようなモデルは全く馴染がないですが一応、気にはなりますが。 

2018年10月16日 (火)

夏祭り浅草ブラックホールへ 

Kimg1901お盆時期に開催されていたブラックホールにて、ブラブラ探索していて目に留まったのが往年のMGCのSW44コンバットオートの「樹脂製」の複製品。 えっ、何これ!?って感じで聞いてみると、ゴム型で複製された無可動のプラ製品というこで手に取ると動きませんし軽い。 価格は約一万円。 憧れだったコンバットオートなので購入してみた。
Kimg1902素人考えで造るのも現物を型取りして型に樹脂を流して造る位の簡単なもので一万円と考えると、高いかもなんて思ったりしましたが、縮小されてますが、付属の説明書を見て、複製された物の縮みを無くすことやゴム型による限られる生産量ということで、中々生産も大変だと解り納得。
Kimg1903当時の箱絵を生かした箱、縮小説明書、本体を含めた面白い企画ですね。 この時点で展示されていたのが同じく樹脂製のCMCのダイアモンドバックがありましたが、あまり馴染がなかったのと、仕上げが荒く見えたので(実は違った)購入は見送り。 樹脂製MJQのP38も予約を募ってましたがこれも特に気にせず見送り。
Kimg1904MJQは、あの独兵のイラストの箱絵も置いてありましたがP-38自体は買うならエアーガンとかで可動品も買えるし、あえてなぁ~、と考えてスルー。 家帰って良く見てみると、グリップパネルの細かい筋とか滑らかな質感、比べてバレル部やフレーム部の荒い仕上がりを見て実は現物の表面を忠実に再現された物と感じた。
Kimg1906元のはMGCのオリジナルガンではありますが、このトップリングのギザギザ感や、全体の形、コンバットオートと言う響きが憧れでしたね。 グリップパネルのネジなんか、本物のネジに見える位の再現度なので、グリップパネルは別パーツなのかな、位の仕上がり。 つまりCMCのダイアモンドバックも仕上がりが悪かったのではなくオリjナルに忠実だったんですね。 44以外のシリーズを結局自分はどうしたかと言うと・・・。 またの機会に。^^:

 

2018年7月 3日 (火)

ビクトリーショー&浅草ブラックホールへ

Kimg1549ゴールデンウィーク中に開催されてました、ビクトリーショーとブラックホールの両ミリタリーイベントに行けました。 画像はブラックホールで撮影した1/6カスタムフィギュア達です。 ビクトリーショーでは上田信先生を拝見することが出来ました。





Kimg1550ゴールデンウイーク中なので、周りもイベントも盛況でした。 ブラックホールでは床井雅美先生のサイン会がありました。 往年のGun誌の読者として、お名前を聞いただけで記憶がよみがえります。







Kimg1551今回はモデルガンオークションの日に参加出来なかったので残念です。 タニオ・コバでは試射もさせてもらえるし色々な物が一堂に見られるので目の保養になります。







ポチッとよろしく!

2018年6月10日 (日)

M1887ショート

Kimg1637マルシン M1887ショート プラストック 6mmBBガスガン。 ターミネーター2を観てFATBOYに乗りながらも気にはなってたものの買ったことはなかった。 理由はプラで剛性が無さそうなのと、プラの割に高く感じるとかで手を出してませんでした。 まぁ近いと言えるお店が移転オープンで普段の割引より一定期間更に10パーセントオフ!、との事で頑張って何丁か購入。
Kimg1676自分のカートの色はこれでした。 自分は撃たないので、8mmの方がカートにも迫力を感じたかもしれませんので8mmを買っても良かったです。 カートは大分小さく感じるのでハドソンのマッドマックスを引っ張り出してサイズを比べた所、一回り位小さい感じです。 本体の実寸も小さかったりすると興ざめしてしまいますが、それはなさそうですがMADMAX位のカートの大きさは欲しかったです。
Kimg1638買って取り出して説明書も読まずにカートを装填、排莢方法を試してみても、MGCのM31ライアットショットガンかウインチェスターM73とかの装填方法位しか知らなかったので、色々考えてやっとたどり着きました。 連射は出来てもこの時代製だと装填に時間がかかりそうですね。 プラですがバレルやフレーム部の感じそう安っぽく感じませんが、画像の1番目でも解りますが、フレームのマーク部分の後方に筋状のヒケが出来てるのが残念な箇所。
Kimg1646ガスタイプなのでコッキングがとても軽くこれをやってるだけでも面白い。 カートも排莢もジャムもほとんどなく排莢を楽しめる(全部カートを詰めたことはないのでその状態でスムーズに作動するかは未体験)。 木ストが欲しかったですが、割引きでも5千円ほど違ったので何丁か購入したのもありプラ製にしてしまいましたがプラストックが原因なのか不明ですが、少々ガタつきがあります。 木目調に仕上げられていて見た目はいいです。

Kimg1688撃たないとはいえ、ぱっと見ガスの注入口が見当たらないので探すこと、数分。 やっと見つけました。 外観を損ねないようにされているんでしょうか、こんな所にあるとは。 映画のような片手での装填はやったら壊れてしまいそうですが、動画なんか見るともう片方の手を添えて優しく回転させてる方法なんか見て、これなら疑似的に体感出来そうな方法でいいです。 余談ですが、エアーガンじゃまったく気にならないことですが、フォアアームと呼ばれるバレル辺りのグリップってとても幅がないので本体を持つと自然とバレルも触れて握ったほうが持ちやすいのですが、実物でこんなことをしてると発射してバレルの温度が上がると熱くて危険なような気がするんですが、反射的にバレルに手が触れないように体が覚えていくのか、それほど温度も上がらず気にするほどではないことなのか疑問です。

ポチッとよろしく!

2018年2月19日 (月)

モデルガンクロニクル

Kimg1250アームズマガジン発売前日位だったと思いますが、なにげに書店で見かけて、パラパラと見てみて、ビンテージモデルガンの紹介は恒例ですが、前半60ページにも及ぶMGCの記事、MGCクロニクルが興味深く購入。 モデルガンに興味を持ったのがSMG規制のちょい前位なので、70年代半ば位までは、良く分からない時代だったので、歴史が解る。 資料としては、当時でも過去のMGCヴィジェールとかの冊子は随分長い間、多分在庫が有る限り販売されていたので、古いモデルガンを写真で眺めることは出来たので、どんなモデルガンがあったのかは知ることが出来ました。 クロニクルに出ているチラシは、過去のチラシを多数譲って頂いた事が昔あって大半のチラシも一時期所有してましたが、今はもう手元にありません。 表紙のMP-40はチラシではなく大判で二つ折りのカタログとも呼べそうなタイプで見ごたえがありました。 既に買うことの出来なかったモデル達のチラシだけでも貴重でした。 52年規制後、暫くしてからぼちぼち自分の小遣いでモデルガンを買いに行ける年になって直営店でしか買えなかったMGCにアメ横、新宿、渋谷と楽しみに行ってましたね。 特にアメ横は他のモデルガン店もいっぱいあったので聖地なイメージでした。 そんなにお金も持てる年でもないのでMGCにはチラシが積んであったのでよくチラシを頂いて帰ってきました。 新製品のチラシがあった時は特に良かったですね。 電話でのMGCテレホンニュースなんてのもあったのでこちらも時折更新されて楽しみでした。 今でも電話番号覚えてます。w 本を読み終えて懐かしい時代が蘇ってきます。

2017年7月31日 (月)

マルシン FN Five-seveN Amazing Toy

Kimg0021マルシン工業のHPを見ててFive-seveNのCO2ガスブロのBB弾発射機能を排したブローバックの動きのみ堪能出来る排莢は出来ないもののモデルガンのようなアメージングトイが発売になると知って、こういう物は好きではあるけど、マルシンのFive-seveNのCO2のエアーガンは持ってるし、何より好きなデザインではないのとで、目新しくないので迷ってました。 見た目の差はありませんが、右側がアメージングトイです。

Kimg0022生産数が少ないようで、試作、実験的な商品にも感じるのと、こういうのを出してくれる意気込みと、両者比べてみたいなという気持ちから入手。 モデルガン扱いなので対象年齢制限もないようなので購入出来る枠は広がりますね。 両者の違いは主に、バレルの口径が6ミリBB仕様と違い、5.7ミリ位を再現されてるのと、ブローバックが連続して楽しめるようにスライドストップが掛からないようになっているのと(手で上げれば掛かります)、当然ながらバレルは詰まってますし、マガジンは画像のように型は同じようですが、バネが入ってない方が、アメージングトイ用のマガジンです。

Kimg0023正直購入してから、数回作動させて以来いじってませんでしたが、今回両方を出してみて試射してみました。 両方を手に持ってみて連射し続けてみた結果、BB弾は装填してなくカラ撃ち状態でしたが、エアーガンは約90回位で弱まってきました。 アメージントイは160回位は作動しました。 この辺は書かれていたように燃費は良いようです。 作動に関してはキックは相当強く感じて感動物でしたが、連射に強いとは言え段々普通の只動くだけのブローバックになっていきます。 160回作動といっても終盤は弱弱しくなってしまいますね。 両者のブローバックの作動感は言われる程の差は感じられませんでしたが、両方とも強いキックには変わりはありません。 もちろん、フロンガスタイプとは動きに関しては比較にもならないでしょう。 重量はマガジンがないと軽すぎですが、材質のおかげでしっかりしてると感じます。 マガジンは互換があるので、エアーガンを持ってる人用にアメージングトイのマガジンだけ単体売りもあればと思ってしまいましたが、それだとアメージングトイの販売に影響が出てしまうでしょうか。

2017年2月26日 (日)

マルゴーが・・・

1488077647174_2次のシャツ買うならタイガーストライプでもと思っていたので。アメ横の裏通りの方の中田商店で、思っていた通りのが有ったので、レプリカを購入。 ブーニーハットはそれ以前に購入した物。 で、個人的お決まりコースで、天下一品こってりを食べ、マルゴー商店へ向かう。 あれ、お店がない。 いや、通り過ぎた。 なんか変な感覚に襲われ戻ると、店舗が閉まっている。 外のお店とかで、順番によるガード下の改修、補強工事とかで、閉店セールなんてお店がちらほらあったので、移転か?とも思ったら、よくよくシャッターを見てみると、昨年、12月に閉店とのこと。 エアーガンやサバゲー・ミリタリーグッズを扱うお店ならアメ横、秋葉に多数ありますが、新品のモデルガンをあれだけ多数の品揃えがあるお店は他に無かったので、これで老舗がもうなくなってしまった感じ。 帰ってネットで見てみると唯の閉店ではない只ならぬ状態のようで、同じ状態で元に戻るのは難しくも思うので、願わくば店員さんで新しい店舗が再開出来れば良いのでしょうが。 

2017年1月13日 (金)

タナカ S&W M29 SJF モデルガン

1484273356214新年あけまして落ち着いてきたので、また今年もぼちぼち初めたいと思います。 一発目は、昨年秋ごろに奮発して購入したタナカ製モデルガン。 スミス&ウエッソン M29 6.5インチ。 人気なのか、品薄なのか、最近再販したよう。 仕上げはスチールジュピターフィニッシュで、値は少々張りますが、これでなかったら買うまでは行かなかったかも。

1484273354658やはり、このぬめりのあるような光沢感が最高です。 独自の技術のヘビーウエイト樹脂のメッキ仕上げとのことで、重量もカートリッジ込みで1kg超えます。 ABS樹脂のメッキや、塗装による再現もよいですが、SJFで何か欲しいモデルを待ってました。 昔のコクサイのABSにメッキに塗装したブローニングM1910は随分期待して購入しましたが、すぐ剥げてきてガッカリでしたが、これは塗じゃないので、そんな気遣いは今のところ劣化は無用な感じ。

1484273353026リボルバーはそんなに持ってませんが、大型リボルバーは買うのが随分久しぶりだと思うので、ちょっと新鮮。 もちろんダーティーハリーに影響を受けた世代ですので、好きなリボルバーですね。 ま、8 3/8インチもタクシードライバーの影響で好きです。 いまじゃもっとデカいのもありますが、やはり迫力があります。

1484273351582カウンターボアード・・・なんてタナカのM29のこだわりにより知りました。 昔買ったCMCのM29も名品だったと言われてますが、その部分がどうだったか、記憶にありませんな。 確かにシリンダーにリムがピッチリはまってる。 だと、実物はそれによる精度がどうだとかは、知る由もありませんが、実際に気にしながら装填すると、実にここちよく感じるもんです。

1484273350350発火モデルです。カートリッジの弾頭部が外れるので、薬莢タイプにも出来ます。 シリンダーのインサートも極力手前に小さく造られているので、それほど遜色も感じないですね。 やはり触るとプラですし、当初から細かい傷も見受けられますが、とても満足度の高いモデルですね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ