2024年2月18日 (日)

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 観賞

Kimg6332年開けて、さらば~も3週限定公開です。 期間も短く上映館も少ないので、小ぶりのスクリーン会場のためか、年配の人が多く感じましたが10人位はいたような。 2作品の公開のみですが、好評なら他の作品も見られるかもしれません。 この映画は公開時に見ただけで、それ以来だと思います。 グッズなんかも百貨店とかでも売ってたので、かなりのブームだったと思います。 友達数人と見に行きましたが、大人ぶりたい年齢にもなっていたので、当初は見るのはサタデーナイトフィーバーと、どっちにしようか、なんて話をしたり懐かしい思い出です。 検討しながらも個人的に見たいのは、ヤマトでしたが。w  話なんて覚えている訳もなく、記憶にあるのは、髪と眉毛のつながりが変わってるズォーダー大帝と、白色彗星と、パイプオルガンの不気味なBGMと、沢田研二さんのエンディングでかかる挿入歌位でしょうか。 当時、歌手が歌う挿入歌は結構珍しかったような気がしますがお気に入りでしたね。 2時間半位の結構長い作品でしたが、ほとんどストーリーも覚えてなく、ところどころ思い出しながら見られました。 デスラー総統の「君の恋人か・・・」というセリフは何故か記憶にありました。

Kimg6333 週ごとに変わる2週目の入場者プレゼントのチケットホルダー。 1作目と違って映画として製作されたので、流れに前作のような違和感がないです。 森雪のサービスショット?が、そういえばあったんだなぁ~。 なんか森雪の絵柄のメモ帳かなんか買ったっけ。 今では、声優さんも本人が露出したり声優以外の仕事するのもあたり前ですが、個々の声優さんの知名度も上がり、人気が出てきたのもこの頃なんでしょうか。 森雪の麻上洋子さんも人気で、鶴光のオールナイトニッポンでセクシーじゃないけど、そう聞こえるようなショートラジオドラマみたいなコーナーが単発であったのを思い出します。 白色彗星が正体を現すのは記憶してましたが、更に二段階だったのは覚えてなかった。 巨大戦艦はなんか一瞬スーパーカーみたいなフォルムに見える。 その後立体化されたのか不明ですが、スケール合わせるとヤマトと比べてとんでもないサイズになりますね。 ラストに出てくるメッセージと、さらばと題するだけあって、相当なキャラを亡くしてしまいましたが、最後は地球のための犠牲とは言え、特攻とも思えるような最後は今の時代は受け入れられないかもしれませんね。 今作もヤマトは結構なダメージを何度も負うものの、シーンが変わると、ところどころダメージがある程度になって直ってるのが、どうにも不自然で、これなら船体の要所が爆発したり、砲が吹き飛んだりするシーンは無い方がいいです。 内容を忘れてはいますが初見ではないのと、当時は最後だと思って見ていたので、今見ると大分イメージが違いますね。 アンドロメダや敵の、昆虫のようなデザインを取り入れた戦闘機等のデザインは今見ても結構カッコいい。 夏から公開の全7作の新作のムビチケセットも発売され今も愛されてるんですね。

 

2024年1月28日 (日)

ボルサリーノ 観賞

Kimg5160_20240106132701午前十時の映画祭での鑑賞です。来年度も開催が決定しているので、またまたラインナップが楽しみです。 作品によっては新作よりも人が入っているかもと思う過去作もあります。 と言っても新作でも10人以下とかざらですが。 この作品はかなり古い作品で見たのは初めてでした。 アラン・ドロンが出てるギャング映画位の認識位しかありませんでした。 老いた感じの現在のニュースなんかを見ましたが、笑点でも今で言うとイケメンの代表として今もネタにされているので、若い人でも聞いたことがあるかもしれません。 作品を見てみると、ローリング・トゥエンティ時代ではなく、1930年代のフランスでのギャングの話しで、米のギャング世界とは違う感じでした。 着ている服がなんかおしゃれ。 刑務所出て間もないのに、なんでこんな高そうな服着られるんだという感じです。 色とりどりでウールの分厚い生地がスーツというより、背広って書く方が合いそう。 事あるごとに衣装が変わってて、洋服なんか全然興味ない自分でも一つの見どころでした。 冒頭の軽快なテーマソングは一度は聞いたことがあると思いますが、自分としては初めに聞いたのが、車のアクロバットでおなじみだったいすゞジェミニのCMの音楽。 ですので、映画を見た時はジェミニの音楽って思っちゃいました。 アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが手を組んで悪さをしますが、やっぱり段々追い詰められていきます。 スカーフェイスのような狂気さがない、おしゃれな服装でトンプソンを乱射するシーンが印象に残ります。

元旦にニッポン放送で現存している初代ゴジラ公開前に放送されたラジオドラマの特番があったので、後日ラジコで聞いてみました。 いまじゃラジオドラマ自体大したことでもありませんが、テレビも無い時代なので、話題だったかもしれません。 冒頭でやたらゴジラに詳しそうな女性アナウンサーが話しておられて、ガバラの名前が出た時か、普通に「オール怪獣大進撃」って言われたので、「何者?」と思って調べたら、なるほどお詳しいわけでした。 それで、「まさかの夢落ち」って言われてたのが、気になってゴジラ映画で夢落ちなんて回があるのか見たくなって見てみました。 確かに怪獣の出てくるシーンは一郎少年の夢の中の妄想で、覚めると夢なので現実にはなにもない。 なるほどあったんですね、こんな回が。 ただ、ラストに実は全て夢でした、という訳ではなく、怪獣島に行きたいと、手製の通信機のようなおもちゃで妄想しながら夢の中に入るので、ゴジラのシーンは現実ではないのが最初から分かるので、違和感のない夢落ちと言えます。 今回、初めて見ましたが、完全な子供向け時代のゴジラです。 と言っても飛行するジェット戦闘機をつかんでは破壊するので、子供に優しいだけかもしれません(夢ですが)。 しかし、ミニラが一郎少年と同じような大きさには、どうなんだろうと思いながら、妄想だからいいかと思っていたら、ゴジラやガバラと絡む時は巨大化するシーンがありました。 死神博士やワイアール星人の奥さんの役者さんも出てました。 ラストは妄想シーンもなく、ミニラの頑張りに一郎少年も強くなるという一風変わった作品でした。

 

 

 

2024年1月 7日 (日)

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 観賞  & あつしの名探偵

Kimg5503新年あけまして個人的には落ち着いてきましたので、また始めますが、元旦から大きな事故や、地震による影響で未だ平常に戻られていない方々には心よりお見舞い申し上げます。 家で過ごしていたら、スマホに緊急地震速報が入り、直ぐに石川県でおきたとわかり、それから何秒かして、普通の地震と違う「ゆ~ら、ゆ~ら」と言う嫌な感じの横揺れが、離れた千葉県まできたので、大きな地震だと分かりました。 東日本大震災でのガソリン、食品、電気等の不足を経験したので、これらに陥らないようになってほしいと思ってます。 2024年一発目も最近多い映画ネタです。 ネタバレありますので、ご注意ください。 なんとも覚えにくいタイトルですね。 恋愛物をよく見るわけでもなく、ただ太平洋戦争当時の再現度が見たかった位でした。 タイムスリップの要素が面白そうなのもあります。 自分の境遇に不満を持つ女子高生百合が昭和20年にタイムスリップして、段々状況が分かってくると、質素な生活に結構すんなり順応しすぎな気もします。 特攻隊員が通う食事処で住み込みで働けるようになって、隊員との別れまでが涙をさそうんだろうと予測出来そうな並のストーリーでは泣けませんが、泣けるシーンがどこにあるというより、途中、百合の戦時下でのまわりの人たちとのやりとりで、鼻水がズルズルするシーンがずっと続いてました。 まわりの観客からもズルズルしていたので、酷評があったりしてますが、けなげな千代ちゃんや、空襲で身寄りをなくし、体が不自由になってしまったいいなずけの為に脱走する特攻隊員(実際にあったとしても認められないんだろうけど・・・)や、いろいろといいシーンがあります。 百合は最終的には現代に戻れるんだろうと思いつつ、心を寄せる彰は、ひょっとしたたら特攻機の故障とかで、実は生きていたというのも予想しましたが、違ってました。 特攻に関する展示物がある施設とかで、特攻隊員の写真や手紙が展示されてたりしますが、頭ではわかってますが、ただ見る位でしたが、映画での同様のシーンは感情移入が出来たので、だいぶ違いました。 タイムスリップするシーンは行くのと戻るのと違う場所だし、あまりにも簡単に起こるのがちょっと残念ですが、まさかの夢落ちでなくて良かったです。 彰が百合にあてた手紙は百合に対する気持ちを明かした内容になってましたが、現代に戻れた百合には彰に対しての気持ちはあまり感じませんでした。 劇中では上空を飛ぶ日米機や特攻機で出撃するシーンがあります。

クイズ 正解は一年後から、何やら面白そうなゲームソフトが発売になってます。 あつしの名探偵。 雰囲気は名作のさんまの名探偵。 文字やキャラの表示もファミコン時代の雰囲気であえて再現してます。 ファミコン世代にはこの辺が懐かしい。 ただエンディングまでたどり着くのは相当難しいらしく、たけしの挑戦状並らしい。 たけしの挑戦状と言えば、自分も購入しましたが、途中のイベントで行き詰ってしまうような感じでした。 絶望的なソフトで、大手のタイトーだったか相当数売れたと思うので、かなりの酷評でした。 雑誌にも、素人がゲームを造るとこうなるとか、散々な言われようでした。 でも、その後このゲームを終わらすことができました。 最後は、なんか金塊のような物が出たり、たけしの顔が出てきて「えらい」と書かれていた位のあっけない感じでしたが、どうやって終わらせたかと言うと、攻略本を見ながらやったんですが、それでもすんなりとは行かなかった気がします。 攻略本は常套手段ではありましたが、難関ソフトの記憶があります。 で、あつし・・・が挑戦状並とうたっているので、クリアはほとんどの人が出来ないと思いますが、最初にクリア出来た人には特典があるようです。 スイッチのダウンロード版なら1000円で遊べます。 ドラクエやるためにスイッチ買いましたが、以後ほぼ稼働していないので、やろうかな。

 

 

 

2023年12月17日 (日)

宇宙戦艦ヤマト 劇場版 4Kリマスター 観賞

Kimg5386先日から3週間限定で上映中。 よく行ってる午前十時の映画祭ではありません。 週変わりで入場者特典があります。 自分は例に漏れず、本放送では見てなくて再放送で爆発的に火がついてはまった世代です。 当時アニメでは珍しかったサウンドトラックや交響組曲とかのLPレコードやグッズなんかも買ったので、そうとうはまってたと思います。 小箱の安いプラモデルなんか、幾種類も売ってましたが、これは販売時期がかぶらなかったのか、1個も作ってないです。 スポット生産しているのか、わりと近年でも売っているのを見た記憶がありますが、ウルトラメカやライダーマシンなんかの小箱のプラモデルと同じような大きさですが、このサイズで今は結構なお値段のようです。 年明けに上映する、さらば~位までは熱心に見ていたような気がしますが、なんかもめ事があったり、最終作のはずなのに、そうでもなくなったりで、段々興味も薄れていった感じです。 近年地上波で放送された新作だけなんとなく見てましたが、映像の凄さだけは月日を感じましたね。 今回4Kリマスターとなっていますが、鮮明にはなってはいるんでしょうけど特に見た感じは当時なりのアニメです。 テレビ放送を短くまとめ過ぎたので、繋がりに余韻がなく進んでいく所もありますが、後発になりますが、ガンダムのように3部作位にしておけば、ブームも長いスパンで楽しめたかもしれないです。 当時以来見ていないので、びっくりしたのは、途中途中で破損したりしますが、直ぐに直ってしまう所。 第3艦橋や艦底まで損傷しているのに直ってる。 全編を通じれば惑星やドックで修理するなんてシーンもあったのかもしれませんが、ヤマトが溶けたりしたガミラスを抜けてからは修理している時間はなかったと思うので、当時気にした記憶もないので、次の放送で直ってたりとかしてもあまり問題ではなかったかもしれないです。 人が沢山移動するようなシーンは暫くすると同じ人があらわれるのも、それより前のアニメから、まあ普通だったので、すんなり受け入れられる世代です。当時から思ってましたが、敵のガミラスにはデスラーはじめ、何名かナチスやドイツ軍の人名から一部もじったような名前になってます。 ラストは意外とあっさり終わり、最後にもう一つなんかあったような気がしてましたが、別の作品とごっちゃなってました。 ヤマトは波動砲、ワープ、コスモクリーナーとか、一般的な単語にもなって、多大な影響を与えたのは間違いないですね。

2023年12月10日 (日)

翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜 観賞

Kimg5309最近、映画を見る機会が多かったので、ポイントがたまったので、無料で見てきました。 ネタバレありますので、以下ご覧になる場合、ご注意下さい。 今回も在住の千葉が少しいじられてましたが、主に埼玉対大阪、京都、兵庫と言う感じ。 東京は別格で、関西の他の奈良、滋賀、和歌山は前回の東京以外の関東と同じくかなりディスられてます。 冒頭に実際とは無関係~と出てきますが、ぼかすことなく、そのままの県名なので、あまり説得力がない。w  滋賀のゲジゲジナンバーは以前から一瞬で見やすくするためか、字が省略してナンバーになっているので、なんかその部分が記号のように感じてました。 他にもこんな字のナンバーあったように思います。 甲子園の地下のタコランドの妙な世界観はインパクトが強すぎて印象に残る。 今回もご当地タレント対決あり、面白いですが、予想外の展開に。 埼玉に海を!、が造波プール程度なのは笑える。 通天閣のアレは、そのうち立体化されてもいい感じ。 行田のタワーは形が普通なので、セット売りで。w まだディスられていない地域を巻き込めば次回作ありそうです。 関西から離れた三重が出てくる東海地方あたりでどうでしょう。

2023年12月 3日 (日)

首 観賞

Kimg5158荒木村重の謀反後の籠城から、山崎の戦い後までの話し。 ネタバレありますので、ご注意下さい。 史実の大筋は変えてませんが、過程はオリジナルな展開が多い。 タイトルからして、冒頭から首なしの武士に蟹がはっていて不気味。 最後も首。 首をはねられるシーンも多いですが、村重の一族郎党が首をはねられるシーンは顔が見える状態から落とされたのは、他の映画とかでも、そこはほぼ見せない映画がほとんどだったので、衝撃とともに一瞬で体だけになるのが恐ろしい。 信長をやりたい放題の悪人に見せておいたので、その最後はある意味スカッとする。 アウトレイジの1、2作目のストーリーが面白かったので好きですが、構想30年と聞いて過度な期待をしすぎたためか、個人的に、際立つ展開があまりなかったですが、記憶に残るシーンも多いです。 蕃宣で、寺島進氏がやられてもなかなか死なないと言ってましたが、なるほど死ななくて可笑しい。 亡霊か幻覚を見る茂助の最後は、良かった。 ある意味、主人公であり、オチにも見える。 最後はあれだけ顔を知ってて、見つけてやれよ秀吉、と思っちゃいましたね。

2023年11月19日 (日)

ダークサイドオブザムーン 観賞 

Kimg3814以前記事にしたコニカミノルタプラネタリアTOKYOでのピンクフロイドの狂気が見られなかったと不満を書いたからではないでしょうが、9月の下旬から10月いっぱいまでのアンコール上映が決定。 以前より長い上映とは言え、のんびりしてると見られなく恐れもあるので、直ぐに予約。 場所は有楽町。 昔、映画とか見に行ったくらいで場所を忘れているので、調べたら東京駅から一駅しか離れてない。 

Kimg3817_20231103134301プラネタリウムは久しくいってないので、映画館とはちょっと勝手が違う感じ。 ピンクフロイドで一番好きなのは原子心母なので、これも見てみたいところですが、今回の狂気はアルバム丸々を映像と供に見せてくれる。 原子神母も見てみたい。 当日券でも入れましたが、ぱっと見で9割位は埋まってました。 映画館のような固定の座席ではなく、アウトドアで使用するようなタイプの椅子が並べられている。 映画館とは違うので、ここでの見やすい位置をあらかじめ調べてからチケットを予約。

Kimg3818_01_burst1023818_cover上映中は写せませんが、映画館と違って360度見渡せるのが新鮮。 この後、音響とせまってくる映像で別空間を堪能できました。 危なかったのは、景気付けに上映前にアルコール飲んだら、案の定途中で催してきてしまった。 途中で、一時出られる方もいましたが、基本トイレでの退出もなしです。 動画で映像が一部みられます。 

 

2023年11月12日 (日)

ゴジラ-1.0 観賞

Kimg4681 これは自分が思うゴジラ映画でも最高に胸高まりました。 予告だけ見て、行こうか位の軽い気持ちでしたが、VFXとかは良く出来ててあたり前の感覚になってましたが、予想外の作品でした。 ネタバレありますので、以下ご注意下さい。 ストーリーが複雑でなく直ぐに入り込める。 ドラマパートだけでも作品が成り立つ位ストーリーや戦後の暮らしぶりに見応えがある。 時代が初代より前と言う設定も意外でした。 ゴジラも冒頭から出現しますが、まぁ見応えがあるので、伊福部楽曲じゃなくてもいいかとも思いましたが、2度目の更に巨大化した登場時には、あまりの迫力と音響に感動しました。 細かすぎるかもしれませんが、今回のゴジラは背中のトゲも平成時代のように、かなり強調されたデザインで、初代ゴジラに繋がると考えると、デザイン的に違和感を感じます。 海外版の初代ゴジラである怪獣王ゴジラはオリジナル編集で入れたシーンだったか、笑えるおかしなシーンがあったので、また見たくなりました。 それにしても、ゴジラが復興した街を破壊し人々を何の躊躇もなく蹂躙していくさまは見応えがあります。 占領下のアメリカが冷戦の関係で日本に介入しにくような設定になってるため、日本でゴジラをなんとかしなければならず、戦闘機、軍艦、戦車等、旧軍の廃棄になっていないと言う兵器を使用するので、大戦時の兵器も出てきます。 敷島が機雷処理の仕事で生活に余裕が出てきてから、細部が不明なので何とも言えませんが、陸王?を手に入れて、ゆっくりと走ってきて停車するシーンが何度か出てきて印象に残ります。 いい音といでたち。 子供のアキコも可愛らしく、まだカタコトながらこちらも印象に残る。 震電は爆薬の安全装置解除の方法を説明されるシーンで最後を予想してしまうことや、大事な人との再会も、そのちょっと前から予測してしまって、その点は自分的に失敗しましたが、ここ最近見た映画では最高に楽しめました。 北米で12月から公開のようですが、日本が誇れる作品としてのゴジラ映画になると思います。 

2023年10月15日 (日)

地球防衛軍 観賞

Kimg2804午前十時の映画祭にて観賞。 地球防衛軍と言うと、ウルトラ警備隊の母体の名称の方が印象深い世代で、映画はゴジラも出ないのでテレビでの放送にも恵まれず、今回が初見です。 モゲラのシーンはなんとく記憶があったので、特番とかダイジェスト、知人経由かで見たのだと思います。 地球防衛軍は見る機会はなくても、モゲラは有名でした。 とりわけ学年誌や雑誌の付録の下敷きとか図鑑に載っていて、なによりデザインがカッコよかった。 ソフビは雛形を参考に造られて、雛形には似てますが目が吊り上がり、体が普通の怪獣のような形で、劇中のイメージがないのは有名な話ですが、個人的には、やっぱり今でも欲しくはない。w 以前バンダイで販売されていたのは、良かったですね。 ガレキでソフビが出始めてからモゲラに透明な顎があるのを知りました。 劇中でも確認出来ましたが、良く見ないと分からない位でしたので、なんで透明なんでしょうか。 意外とあっさりやられてしまいますが、モゲラが出てくるものの序盤に街を破壊し終盤はすぐにいなくなり、宇宙人との話がメインのわりと大人向けな作品です。 カラー作品を意識したのか色別のコスチュームの派手な宇宙人は、知らない人がミステリアンだけ見ると戦隊物かと間違える可能性も!?。 自衛隊の協力で、重機関銃が出てたり、チビ太のおでんのような形のロケットがあったり、低速で空を推進するα号β号って、どんな仕組みとか思ってしまいましたが、特撮が見応えがありました。 それにしても平田さんはまたしても・・・なんですね。

2023年9月24日 (日)

アルゴ探検隊の大冒険 観賞

Kimg2503スクリーンでレイ・ハリーハウゼンの作品が見られるなんて、いいことだ。 午前十時の映画祭にて。 この映画、シーン的に見たことあるけど、全編見たことなさそうなので、初見だと思います。 やっぱり、ガイコツ戦士のイメージがありますね。 ハムナプトラの時代はもうCGがあって出来すぎてますが、コマ撮りは味わいがあります。 いくらその手法を知らされても実際の人間とのからみは自然に見えて面白い。 タイトルだけで見ると、お宝を探すような冒険活劇的な印象を勝手に持ちましたが、映画を見ると過酷と分かっていても、行かなければならない状況になってしまうようなストーリーで、タイトルから受ける印象とちょっと違いました。 タイトルとイメージ違うので、一部で有名なのは「戦争のはらわた」ですが、戦争のはらわたとして最初に目にしてしまったので、原題を気にするまではどうも思いませんでしたが、その後は原題をカタカナするだけでもいいし、鉄十字章とからんだタイトルとか、栄光の勲章とかくらいならわかりやすいですが、今となってはもう戦争のはらわたでしかありません。 話それましたが、過去、上映されたかもしれませんが、他のレイ作品も見たいです。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ