2017年11月13日 (月)

ブレードランナー2049 鑑賞

Kimg0622ブレードランナーの1作目はテレビとか、レンタルビデオとかで観た口ですが、CGなんかなかった時代に近未来のなんか、鬱蒼とした都市感とか、その中に見える日本的な部分や、ストーリーも結構印象深いです。 中でも日本でも車のCMにも起用されたテーマソングがカッコ良くて好きでした。 有名になったブラスターは、レプリカにしても高価であったのと、馴染みのない形があまり好みではありませんでしたが、最近見るチープトイやらお墨付きのレプリカなんかも出てるようで実際手にしてみたりするとまた違った印象を受けるかもしれません。 2049は、 先に公開になった全米で、おおコケなる記事を見て、2時間を軽く超える上映時間に少々不安を抱きつつも前売り券も買ってあるしで、日本公開初日にIMAX、3Dで鑑賞。 時間も感じることなく楽しめました。 IMAXなので音響、映像の迫力があり、3Dも自然に立体感を感じられた。 画像はIMAXで貰えたポスターと、前売り特典の簡単な仕掛けではあるけど、アイデアものの3Dホログラム プリズム他。

ポチッとよろしく!

2017年10月30日 (月)

アウトレイジ 最終章 鑑賞

Kimg0349北野作品は大体観てますが、アウトレイジはストーリーや展開が面白く、その都度楽しんできて、完結なのかと思いきや続いてきて、ついに最終章。 個人的に1、2作目の方が好きですが、これで最終となる。 関してソナチネのことが書かれた新聞があったので予習で観てみると、それにあたるシーンがある。 大友の敵が排除されていく前作と今回は確実に違う映画なんだと思う。 画像はムビチケと前売り特典のなりきりトイサングラス。 中身はサングラスではなく、ピンホールメガネ。 出演者たちが、公開直前から、前作のオンエアやテレビ各局の番宣の出演、朝の連日の生番組とか非常に露出が多くて楽しい期間でした。

2017年10月 2日 (月)

ダンケルク鑑賞

Kimg0331まだ、公開中だと思います。 ダンケルクで大戦中起きた事は、短文章でなんとなく見た位の記憶しかありませんでしたが、映画で過酷な状態を体験することが出来た。 IMAXで鑑賞したので更に臨場感で迫ってくる。 始まりからラストまで、ほぼ戦場でのシーンなので緊迫感がありますが、人間的なストーリーがあまりないので感情移入がが、あまり出来ません。 戦闘機や爆撃機は出てきますが、633爆撃隊とか空軍大戦略などと違い、娯楽性や痛快な内容ではないので、出てくる機体の数は少ないですが実機の迫力がある。 ドイツ側がラストの独兵含めてほとんど姿を感じさせないのが、あえて恐怖心を感じさせる。

2017年8月28日 (月)

ターミネーター2 3D鑑賞

Kimg0033新聞を読んでてターミネーター3Dが公開になることを知り、これは観に行くしかないと、劇場を探してみると、かなり少なく近隣で観られるだけまだ良いと思えるような感じだったので八月に入って雨続きの関東でしたが、FATBOYを購入するきっかけにもなった映画だったし、CDという可能性の凄さをみせてくれた映画でもあったので早々に観に行く。 以前記事にしたルパン三世のカリ城4Dは予想を超える興収があったようで、今回のように名作を3Dや4Dといった付加価値を付けて再度スクリーンで拝見出来るのは有難い。 既存の映画が3Dや4Dということでこれからも名作が公開されていくと楽しい。T2はこれから公開になる地域もありますが、早く終了してしまうと思われるのでご覧になりたい方はお早めに。 

2017年7月18日 (火)

ハクソー・リッジ鑑賞

Kimg0011メル・ギブソン監督の映画で、今も公開中と思いますが、観客動員ランキングのような順位からは早々に見なくなりましたが、戦場のシーンはCGを避けてるにもかかわらず、音響やカットに迫力があり、見ごたえがある。  米軍側には人間ドラマがあるので、感情移入出来ますが、日本軍は日本語など場面で聞こたりしますが、ほとんど兵隊としてしか出てこないので、日本人だと日本軍側にも気をとられそうですが、それもあまりないです。入隊して、かたくなに武器を持たず、戦場でも武器を手にせず、衛生兵として周りから理解も得られない主人公の立場で観てしまいます。 あと一人あと一人・・・と力の限り仲間を降ろしてシーンが記憶に残る。 実話としてあの降ろし方が実際なら、手が痛くなるじゃすまないでしょうね。 画像はチラシ、ムビチケ、前売り特典の弾丸が十字になってる、ブレットクロス。 この特典、当初大きさがよくわからなかったのですが、ライフル弾よりかなり小さいサイズです。

2017年5月30日 (火)

ルパン三世 カリオストロの城 MX4D 鑑賞

1496113007483ちょっと前になりますが、カリ城の4D版を鑑賞。 映画自体はテレビで良く放送されてたイメージがあるし、その都度見たりしてたので、内容的には知ってる作品ですが、4Dで体感出来るのと大画面で見られるのがいいです。 特に知人とも話して、やはりあの、城での屋根のシーンがスリリングで面白そうなので、そのあたりも期待。 昔の名作とか、なかなかまた劇場で観るのは困難だと思われるので、こうした4Dとかで旧作を劇場公開してもらえるのはありがたい。 自分が観た時は結構、人も入ってました。 画像は入場時に貰ったはがき。 今チバテレビでファーストに続いて、セカンドのルパン三世が放送されてますが、もう誕生から50年なんですね。

2017年3月27日 (月)

マグニフィセント セブン 鑑賞

1490589688034西部劇はほとんど見たことがなく、その昔、~ロードショーと言ったテレビでの放送があったとしても、あまり見た記憶もないのですが、荒野の七人すらもタイトルや七人の侍をリメイクした位の知識しかない位でしたが、DVDで今になって見てみましたが、なんとも豪華なキャスティングですね。 で、新作のマグニフィセントセブンを鑑賞。 タイトルは荒野の七人の元々の英題と同じなんですね。 画像は前売り特典のマルチツール7カード。

1490589689145ムビチケカードとツール。 分厚い鉄板で結構頑丈な造り。 錆々仕上げ加工がされている。 荒野の七人とマグニフィセントセブン自体も大筋以外はかなり変化があって、ただのリメイクだけではなくなってる。 出てくるメンバーが時代的に変な意見もあり、なるほどそう感じますが、まぁ割り切って楽しみました。後半のある兵器が出てきてからの展開が凄いことになってきますね、 敵ボスの悪逆非道ぶりが植えつけられるので、敵がやられていくのは手に汗を握ります。 荒野の七人とマグニフィセントセブンを見て、七人の侍の菊千代に匹敵するほどのキャラがいないのと、七人の侍は七人を集めるまでの流れやそれぞれの際立った個性があって感情移入しやすかったので、やはり侍は偉大に感じます。 それぞれ映画を見てると、様々なシーンで「あっ、これはあのシーンだ・・・」と思ってさらに面白いですね。

2017年2月 6日 (月)

MAD MAX コミック&アート集

1486347682910発売してから、暫く経ってますが、MAD MAX 怒りのデス・ロード コミック&アート集です。 お値段も張りますので、ここまでの本は中々手を出しにくいですが、わずかなページでしたが、旧作の部分がコミックになっているので購入。 デスロード好きな人なら映画で伝えきれなかったストーリーがコミックとして堪能出来ます。 リアルなタッチの絵ですが、いわゆるアメコミ風な展開です。 後半は様々なイラストレーターのデスロードのアート作品集。 近々、またあらたなMAD MAXのディスクのセットが出るようですが、旧作の特典ディスクは見たいですが、モノクロは正直あまり興味はありませんし、それ以外のディスクが不要ですのでモノクロはレンタルでも出たら見てみますか。 ちょい食傷気味になってます。^^:

2016年12月12日 (月)

今年観た映画など

1481504664601_2今年も何本か鑑賞してます。 個人的感想など。 シン・ゴジラ・・・ローアングルでの巨大感と、広大な東京のシーンで小さく見えるゴジラはスクリーンならではの巨大感がある。 加えてMX4Dを初体験。 動き、水、匂いの他、針で刺される疑似や、物を落とした感覚とか動きのあるシーンでイスがただガタガタ動いてるだけではないので、飽きないプログラミングになってます。 終盤、電車を使った作戦あたりから予想外の展開に。

君の名は。・・・まだまわりで知られてないころ、観に行って絶賛している知人がいたので、鑑賞。 面白い。 微妙な時間のずれとか、CGを使った絵や動きとかストーリーも見入ってしまう。 ちなみに知人はもう、数回も見ているよう。

七人の侍(4K上映)・・・午前10時の映画祭として上映されてる映画の一つ。 高校の時に学校行事として、観たのが初めてでモノクロだし、時代劇で高校生時分にはあまり興味をそそられない感じでしたが、観ていくうちに引き込まれていきました。 それいらい30数年観てませんので、4K版がどうクオリティが上がっているのか不明ですが、観やすく音声も最初聞きにくく感じましたが、次第になれてきました。 久しぶりすぎて、細かい内容をほとんど覚えてなかったので、新作のようにストーリーを楽しめました。

雨女 4DX2D・・・テレビとかで放送しなければあまり、ホラー映画とか観ませんが、4Dなのでさらに恐怖感があるかもと思って行ってみる。 短編なのは分かってましたが、期待しすぎて観てたせいか、いくつかのシーンを除いてそれほど、ゾッとするような感覚はありませんでしたでしょうか。

まだ年内に公開になる観たい作品も2つほどありますので、機会があれば観たいです。

2016年9月11日 (日)

トゥーヤング トゥーダイ! 鑑賞

1473553623741公開延期になっていた「トゥーヤング トゥーダイ!」が六月に公開になって鑑賞。 ありえない展開が面白い。 神木隆之介が出てますが、今丁度公開中の「君の名は。」に声優で出ていて、観た知人が映画を絶賛していたのでこれも機会があったら観に行きたい。 画像はチラシとCD。
1473553612881山野楽器で購入したので、コラボイベントの、劇中に出てくる鬼野楽器の特典ステッカー付きで、オリジナルレジ袋に入れてもらえた。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ