2016年1月14日 (木)

レザーウォレット

1452744574330ボチボチ落ち着いてきたので、今年も再開していきます。 これは昨年秋ごろに購入した。 カービングレザーウォレット。 長年使用してたレザーウォレットがついに使用に耐えられなくなってきたので、購入を検討。 御徒町から少々歩いた所に店舗を構えるお店でいろいろと拝見させてもらって購入。 旧ウォレットはカード入れとして余生を過ごしてます。
1452744607703お値段はピンキリでしたが、最終候補として画像の物と蛇のパイソンと悩みましたが。パイソンが使用しにくいシチュエーションがありそうなので、まだ使ったこともないタイプでもあるので、カービングに。 色合いや柄がとても気に入ってます。 以前の物より一回り位大きなサイズになりましたがカードも更に収納出来、より使い易くなった感じ。
1452744625023使用してまだ、3か月ほどですが、買った時とさほどかわらずきれいで、使い込んで味わいが出てくることもないかな位、丈夫な感じです。 数年経って味わいが出てきたら、また記事にでもしたと思います。 次はパイソンもいいですね。

2011年11月19日 (土)

どうしようか・・・検討中

Ca3i0504 取り敢えず、3号まで出たので買ってしまっている。 最近出た燃えろ、新日・・・なるDVD。 形態はデ社で浸透した隔週販売のスタイル。 BOXセットなんてのは手を出し難いが本屋で創刊を見かけて、迷って買ってみたら、懐かしいし、興奮する。 その後、新聞で広告を見かけるし、周りでもチラホラ買ってたり、話題にもなってたりで、結構受けているよう。 3号で今後買っていくかの岐路になった。 猪木の異種格闘技戦あたりから興味を持って、初代タイガーマスクで頂点になって、分裂や、猪木の衰退と共に見なくなっていったので、三銃士や、ライガーとかは個人的に燃えてこない。 長州戦は見たかったので、3号は購入したものの、ここまで買ってしまうと、見たい試合と興味の無い試合がまぜこぜになって発売されてもズルズル買ってしまいそう(闘魂三銃士の試合も見れば面白いが)。coldsweats01 まだ個人的にもビデオデッキも持ってなかった時代でもあり、当時以来見る試合なので面白いなぁ~。 当時は、プロレスについてあれやこれや言われてても、面白かった。 日本人、外国人、とにかく個性的なスター選手ぞろいだった。 今思えばタイガーマスクが新日を離脱して、前田、高田あたりがシュートレスリングを押し出してきてから、強さは分かるものの、見る、見せるプロレスと言うのが減っていったのが、寂しい感じだった。 ここまで見て小林邦昭の華麗なる網打ち式原爆固め(今は死語!?)、ハンセンがアンドレを投げる、猪木の全盛期の動き、タイガーマスク対キッド戦(もっと見たい!)、燃えどころが多くて、この後の号も忘れてしまったような試合が見られることに期待。 

評判が良ければ、どこかが全日版を出すかcoldsweats01

2006年10月 2日 (月)

ラジコン・タイガーⅠ

P1010168 とある雑誌のラジコン特集で、巨大なタイガーⅠのラジコンが紹介されていました。全長160センチ!。当然ながら受注生産で値段もなんと138万円。バブルの頃でもおいそれと買える値段ではありません。というか、車を選んで買える値段ですね。^^;でもどこかで見る機会はないもんですかね。そういえば、今年の初夏に環七を走る恐らくレプリカのキューベルワーゲンを見ました。軍用カラーではありませんでしたが、対向で一瞬でしたが、かなりのインパクト有りでした。確か、数年前の雑誌でしたが、レプリカが売ってるらしい記事を見ました。このラジコンは動きのギミックは色々あるようですが、気になるのは、素材、動力ですね~。金属、50cc程度のエンジン(4st)なら迫力ありそうですね。ラブロスというメーカーだそうです。前にトラクター?を改造して、これよりも大型のタイガーを造った方がいらっしゃったですね。横道それて、木更津キャッツアイがTBS深夜で、久々再放送されます。

2006年9月 8日 (金)

街道上の怪物、KV1

田宮模型の35分の1のKV1のプラモです。タミヤの古い金型のモデルなので、パーツ構成もシンプルで下手するとワールドタンクミュージアムのKV1よりも、そっけないかも、です。でもいかにも固そうで、このデザインいいですね。簡単に作れて良かった記憶があります。^^:車体が大きいので砲身の迫力は、4号戦車などと比較して、見劣りしますが、性能的には4号より優秀な砲だったようで、これが出現した時期の独軍の車両を考えると、まさに街道上に現れた怪物だったでしょう。KV2もゲテモノですが、好きです。車格的にもティガーと並べても、それほどの遜色はないので、当時はデカかったでしょうね。P1010165T34-85なんかは諸国で現役時代も長かったので、割と映画に登場しますが、そういえばKV1ってあまり、とういか実車を見た記憶がないですね~。走ってる姿を見てみたいです。

2006年8月23日 (水)

WAミニウージー

ウエスタン・アームズの新作、ガスソースのサブマシンガンです。いや~、新作を買ってしまうのは、何時以来かと言う位、買ってません。特にガスガンが出始めた頃から、エアーソフトガンは殆ど購入していないので、新鮮でした。Gun誌のリポートを見て気になって、新規オープンしたお店が品揃えが良いので、迷ったあげく、購入しました。空撃ちモードに出来るので、BB弾発射より、ボルトの作動感を楽しみたかったので、知らなかった事ですが、モードが有ってラッキーでした。元々作動だけが楽しみだったので、部屋にBB弾が散らばると面倒なので、試射程度しかしてません。殆どエアガン初心者なので、この程度のコンメトにてm(--)m。WAの初期の映画コブラのヤティマチックを発売当時所有してましたが、音がSMGっぽくて良かったです。難点はマガジンに電池を使用して、本体と接点があるので、自分のは、接触が悪かったですね。そのWAの新作、買ったことはなかった物のマグナブローバックのブランド感と、その響きのWAに期待感はありました(モデルガンも復活してほしいですね~。MGCが20周年記念モデルを発表した頃は、提携関係にあって、MGC渋谷店の奥が、WAの店舗になっていて、行くと2店楽しめた感じがしました。開店前に待ったこともありましたが、閉じてるシャッターにサンダース軍曹の絵が画いてありましたっけ。あの頃はWAも意欲にMGCとうまくかぶらないように、ベレッタM1934BLKや、スーパーブラックホークなんて、名作もありました。ガバのカスタムもこの辺が起点ですかね)。作動させてみて、その適度なリコイル感と、連射感は、他のSMGのASGKを体験したことはないですが、ボルトの動きはGOODです。^^満足。P1010151 ライブカート化は難しい、或いは、時代が必要としていないのでしょうが、これで、カートをばらまければいいですけどね。その分、ガスがもつので、ある程度の連続発射には問題なく作動し続けるのがうれしいです。フレームがプラ製ですが、ボルトカバーや上部はプレス、ダイキャストを使用してますね。マガジンを入れるとかなりの重量感があります。もともとウージーはあまり好きな銃ではなく、これまで一度も手にした事がなかったので、それも新鮮ですね。まだまだ買ったばかりなので、ガンガン空撃ちしたいのですが、音もうるさいので、仕方なく、様子を見て時折楽しんでます。

2006年6月11日 (日)

ビッグバード・一式陸攻シークレット桜花

P1010020 彩色済みモデルの一式陸攻のシークレットのロケット特攻機、桜花です。以前は食玩等は、無茶な買い方をした時期も有りましたが、最近は控えていたんですが、桜花はどうしても見たくなり、2個目で当てました!!。144分の1スケールで戦闘機と比較して、一式陸攻の大きさと、桜花の小ささを改めて実感しました。イメージで言っても今の普通車くらいの大きさでしょうか。小さいです。歴史的背景は別として、幼少の頃、オマケ的要素に弱い自分としては、当時は買えなかった、プラモデルの一式に付属していた桜花が印象に残っています。ハセガワ製だったでしょうか?。

2006年5月17日 (水)

ホンダ・ゴールドウィングGL1500、1

P1010006_4  ホンダのGL1500、ゴールドウイング。ホンダオブアメリカです。とにかく昔から気になる存在で一度は乗りたかったので、オークションで購入し、4年程乗ってます。通勤にたまの使用がメインで、ツーリングはまだ、一度も行ってません。乗ってみて、まずデカい(そこが、いいとも言えますが)、自分の身長では足つきが悪い(アンコ抜きしました)、低速時の取り回しの悪さ(これは多少は慣れてもどうにもならない)等ありますが、乗ってとても面白いバイクですね。加速も排気量も今のバイクに劣りますが、トルクが有るので、重いと言っても車に比べて軽いので、フル加速などしたことなく、かなりの加速感が有ります。これだけの巨大な物体を走らせる感覚は他では味わえませんね。音が静かなどの話も聴きますが、年式のせいか、ノーマルに見えるマフラーがちと違うタイプなのか、割と豪快な音がします。買った頃は、6本出しにしようか等と、考えましたが取りあえずこれで十分ですね。また次回。

2006年4月23日 (日)

マルシン、Cz75、ガスオペレーション

P1010006_3 マルシン製、ガスガン、Cz75、ガスオペレーションタイプです。今は、消滅しましたが、一時代を築いた?、ライブカートリッジで、排莢を楽しめるモデルです。最初に出たガバメントも良かったですが、ガスタンクの容量の確保もあるので、カートリッジが45ACPには程遠いサイズで、リアル感が今ひとつでしたが、このモデルは9ミリカートなので、概ねリアルです。只、マガジン後部にあるフレームハウジング内のガスタンクが大きいので、実銃サイズより,部分的に大きい所もあるようですが、他メーカーのモデルガンなどを手にした事が無いので、特に不満は無かったですね。P1010007_2ただ排莢を楽しむために購入したようなもので、モデルガンのような不発、面倒なメンテナンスをせず、バラバラとカートが飛んで、ブローバックする姿は良いですね。ただ、一発毎のガス消費量が物凄く、ガスの宿命で、冷えると、普通のガスガンよりも、数発でへたってしまいます。外気の高い時で、1マガジン位がいいとこでしょうか?。撃った後は、快感ですが。そこで当時は、エアータンクや、グリーンガスといった物に、挑戦しましたが、これらは相性が悪いらしく、壊れてしまいメーカー送りになってしまったので、今は時折ガスで楽しんでます。もう古いモデルになってしまいメーカー対応も終わってしまったので、大事に使いたいと思います。マガジンキャッチも弱いらしく、そのままぶち込むのは避けてますね。ハドソンが火薬無しで排莢を楽しめるM1や、M14を発売しているので、ちと興味ありです(音が寂しい・・・)。なんとか、連発に対応したモデルで、外部ソースでも構わないので、マルシンさん、技術を生かして、NEWモデル出して下さい。^^

2006年4月14日 (金)

ホンダ モトコンポ 

P1010006_1   ホンダのモトコンポです。車の初代シティと同じ頃のデビューだと思うので、80年代初頭の頃の車ですかね。古いです!。フェラーリのシールはお遊びです。もう10年以上前に購入した物ですが、無くなると持てはやされる物で、いまでも人気あるみたいです。ですが、はっきり言って日常の足で、スクーターのように使用するのは、辛いです。今でも割と快調に動きますが、MAX40キロちょい、通常30キロちょい位のスピードで走るのが、いいとこです。が、実用メリットも有ります。夜、飲んで車を置いて帰って、翌日モトコンポで取りに行って、乗せて帰って来るとか、軽でも積めるので、元は取った!?。新車出荷時は、新車で買ったことのある知り合いに聞いたらダンボール箱に入っていたらしいです。長らくほっといて不調の時期もあったけど、千葉県の某ISO取得のバイク屋さんに修理を依頼した所、運良く新品パーツが組めたりで、快調にしてもらい2,3ヶ月乗らなくてもキック1~3発でかかります!。しかし、雪の日に乗ると、あまりの寒さか、雪が付着するのか、スローダウンして、そのうち止まります。何でだろ!?。どなたか解りませんか?。ホンダも今風な形で、モトコンポのようなコンセプトの折り畳みバイクをまた、発売してくれないかなと思う今日この頃。

2005年11月13日 (日)

ホビーフィックス製コルトガバメントM1911A1金属モデル

小学校高学年から、モデルガンにもはまりました。CMCやMGCの金属ガバメントもギリギリ買えたおっさん世代ですが、小遣いの問題や、規制で消滅するモデルの知P1010004 識も無く、所有したことは無く、今でも憧れのモデルですね。マルゴーのモデルは所有してましたが、知る人ぞ知る、不細工なトリガーガードでして、あまり大事にしてませんでしたが、今となっては面白いモデルですね(ファイアリングブロックが破損したので、LSのプラモで代用も考えました。^^:)。で、ホビーフィックス製コルトガバメントM1911A1金属モデルですが、タニオアクションと言う難点はあるものの、金メッキが綺麗なのと、その重量感と、金属音は、プラガバには無い、良さがあります。刻印や、サイズ、精度にも感動です。現在はモデルガンも更に高級化し、おいそれと買える値段では有りませんので、発火させないことを考えれば、スライドアクションでギミックを楽しむのを考えると、タニオでも楽しめるモデルです。タニオで有名どころのモデルのP38、PPKと違いライブマガジンではなく、排莢はできません。新作のシリーズ70との違いは、トリガーギミックと、スライドストップギミックが有りますが、スライドを引いてもフリーな状態のM1911A1も、いいですよ。ガバメントもいいですが、次回、違うモデルも期待します。トリガーもアクション用、ディスプレイ用リアルタイプと2種同梱されています。分解も実銃通りでは有りませんが、楽しめます。しまわずに、出して飾って時折、手にして楽しんでます。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ