2018年2月12日 (月)

第45回東京モーターショーへ ③

Kimg0386この時は市販予定モデルでした、Goldwing Tour。 先々代のGL1500を所有してましたが、それから比べると、ビッグサイズはそのままに随分洗練され最新のメカニズムに進化してますね。


Kimg0405ヤマハMOTOROiD。 確かに自分でスタンド出したり自立してました。 MOTOBOTは人間の操縦に、まだまだ勝てないとはいえロボットが自分で操縦してコースを走る映像は衝撃的でした。 モトターミネーターが現実的になってきますね。

Kimg0406TRITOWNはLMWと言う機構を備えた前2輪の簡単快適な小型な乗り物のようで現実感もありそうで、あると楽しく便利そう。



Kimg0415NIKEN。 水冷直3と言う大型エンジン搭載車。 足回りがメカメカしくて好み。




Kimg0485フォルクスワーゲンのI.D. BUZZ。 タイプ2を思わせる窓の感じやカラーリングが目にとまりました。

ポチッとよろしく!

2018年1月28日 (日)

第45回東京モーターショーへ ②

Kimg0364スーパーカブシリーズが生産台数1億台を突破して、歴代のスーパーカブが展示されてました。 レトロさを感じるデザインがいいです。




Kimg0368ホンダ NeuV。近未来風で、AI、自動運転、EVと将来こういった車が主流になっていくのでしょうか。 ちょっと前ならEVはまだ先の車輛だろうなんて思ってたら、一般的になりつつあるし、自動運転なんて夢の世界と思ってたら、これも現実味を帯びてきて予測がつきません。

Kimg0380確かに自立してました。 ホンダ Riding Assist-e。 これなら、停車時に足付かなくても良くなるなら、足つき性とか考えずにバイクを買えるかもしれないし、コーナリングや事故の時も安定に繋がるなら画期的ではあります。


Kimg0382ホンダ Neo Sports Cafe Concept。 あえて電動化などの無いガソリンエンジンモデル。 シャープでかなりすっきりしたデザイン。



Kimg0372ホンダ Sports EV Concept。 なんかヘッドライトが目のようにみえる顔付きに見えてしまうのがいい。

ポチッとよろしく!

2018年1月15日 (月)

第45回東京モーターショーへ ①

Kimg0352_2年あけまして、今年もぼちぼち始めていきたいと思います。 昨年ですが、東京モーターショーへ行ってきたので、個人的に気になった車種など記事にしてみたいと思います。 まずはSUZUKIブースから、参考出品車のe-SURVIVOR。 開放的で近未来的なデザインに四駆らし顔立ちに見えます。

Kimg0353_2最近発売になった、このころは参考出品車のXBEE。 人気のハスラーに似たデザインが目新しさにかけますが、こういう方法もいいですね。 



Kimg0354これも当時は参考出品車で最近発売になったスペーシアカスタムコンセプト。大きなサイズの車にはよく見るような大型のメッキのグリルが迫力がありました。


Kimg0361_2レブル250。 初代のレブルはアメリカンの正統なデザインでしたが、今のレブルはタンク周りのデザインがとても個性的。



Kimg0362モンキー125。 昨年最終型で話題でしたが、こちらはモンキー50のデザインを踏襲した125なので、サイズは全く違ってて大きい。 車のminiがMINIとなって定着しているような関係を想像して、市場に出来くれば楽しそうですね。

ポチッとよろしく!

2016年11月24日 (木)

東京モーターフェス2016へ &カテゴリー細分

1479969126818以前記事にした所さんのイベントの隣で開催されてました。 無料でしたし、寄ってみました。 バイクの試乗、展示なんかもあって原付の試乗などしてきました。

1479969128073ナンバーなどから考察すると、軽自動車登録の三輪扱いってとこでしょうか。 とにかく不思議な動きで人気がありました。 前2輪はバンクしますが、方向の舵は後輪が動いてました。 傍目から見ると、おっかなそうな見た目です。

1479969129106色もいっぱい用意されててカラフルで、もうこんなのが町中を普通に見かける時代になってくるのでしょうか。 ヤマハのトリシティはもう普通に見かけるようにはなってきました。

1479969130276以前、新聞一面に広告を打ち出していて、何のプロジェクトだろうと思っていたHAKUTOのブースの月面探査機のラジコンもありました。 


1479969131877様々な体験コーナーがありました。 オフロードの体験コースって傍で見てるより乗っているほうが、数十倍も手に汗握る体験が出来そうですよね。
ついでに、ながらくおおざっぱだったカテゴリーを個人的な分類で少々わかり易いカテゴリーへの分類が終了しました。 それでも曖昧な分類もありますので、また折を見て見直す予定です。

2016年10月20日 (木)

アメリカン・ピクニックデイ2016へ

1476876533034お台場で「所さんの世田谷ベース」のイベントがあったので10月10日の最終日に行ってきました。 しかし、このイベント会場にたどり着くまでに様々なイベントが催されていて人出も沢山で、お台場なら週末とかなら、何も調べてこなくても何かしらイベントがやってそう。 タテグロのグリルが変わるとガラリとイメージが変わる。

1476876534205ジムニーの後方で牽引されているのも、車体を利用しているのが面白い。 車両は他にもスーパーカーや、アメ車等々多数の展示がありました。


1476876536991マッコイさんのブースでは、マックイーンの立像が出迎えてくれて他にもオフローダーやハーレー等々多数展示されていました。


1476876535545スネークモータースのバイクは独特のデザインでカッコいいです。 カウル付きタイプが個人的には更にイイです。 


1476876531567ウエスタンアームズのベースではBB弾の試射も出来ました。 M4、ガバ系と計3マガジン程を「カン、カン、カン」と金属ターゲットに打ち込んで気持ち良かったです。 どういう構造になっているのか気になるバントラインとかミニガバとか見られました。 昔はこういう架空なモデルには抵抗があったりしましたが、いつの頃からか、さほど気にもしなくなってました。

2016年4月11日 (月)

東京オートサロン2016へ 3

1460344076454ダイハツのキャストも街中で結構見るようになりましたが、ガッチリした車体とカラーリングが綺麗なイメージで目立ちますね。 スポーツ等、色々とタイプの選択肢があるのもいい。


1460343943464コペン XPLAYベースのコペン アドベンチャー。 オープンカーでオフロードと言う発想が面白いです。



1460344007632ホンダのS660もチラホラ見かけるようにはなってきましたが、そろそろ待ちが解消されつつあるのでしょうか。 会場でも人気でした。



1460344036165トヨタ東京自動車大学校制作のカスタムカー、パブリカGT。 もともとの外観を生かして迫力のオーバーフェンダーが目をひく。



1460343908713やはり存在感あるGT-R。あれほど、街中で見かけたR32のスカイラインも今はそう見かけなくなりました。 むしろGT-R以外のタイプの方が現存していないのかもしれませんね。 これにてオートサロン記事は終了。

2016年3月 1日 (火)

東京オートサロン2016へ 2

1456701160085S660も、マスクなどガラリと変わりもとの雰囲気も全く感じないですが、やはり車は丸目なタイプに魅力を感じます。



1456701141483先日、千葉で早朝車で走っていたら、対向車でトヨタ2000GTとすれ違い、なんで普通に道ですれ違ったのか、普段見かけることもないのでビックリ。



1456701291404NATSのコペンのカスタムカー。 縦目のベンツイメージでレトロ感が出てます。



1456701109782ワルそうな展示車輛なんかもチラホラありました。 ライトが見えない位のフロントマスクがいかにも。 



1456701315593今買うなら一番欲しい軽のアルトワークスのスズキブース展示車輛のアルトワークスGP。 motoGPのチームスズキ エクスターカラー。 こういう限定車とか出るといいですね。

2016年1月18日 (月)

東京オートサロン2016へ 1

1453092822923先週末に開催された東京オートサロンに行ってきました。 15日の金曜は一般が会場入り出来るのが3時からで2時を暫く過ぎて幕張メッセの駐車場の入り口にすでに満車の案内。 バイクなのでそのまま進んでいくと、なるほど埋め尽くす無数の車の数と空き待ちの渋滞。 二輪駐車スペースにはすんなり到着。 メッセ利用時は、いつもながらバイクで助かった。 画像のシャンテは原型が解らないくらい、かっこよくカスタムされてました。

1453092876451塗装とエングレーブで恐ろしいほどの異彩と輝きを放っていたGT-R。 走らせるのは勇気がいりそうと思ったら公道走行不可。 5900万円也。 会場はホール1から11までと、ドリフトの屋外会場やライブやレースクイーンなどのイベントホールまで使用していてとても広い。 広過ぎるくらい。 東京モーターショーよりも盛大なイメージもあるので、3日で終了はもったいない気も。 チケットは少々割高だけど、色々楽しめる人ならとてもお得。 

1453092841353以前、フェスで見たときは、幕張で行われたエアレースをTVで見る前だったので、今一つ馴染みがありませんでしたが、その後深夜放送で世界各国のレースでの活躍を見てルールなんかを知って放送が楽しみになった室屋氏の機体の展示もありました。 会場はブースが多いので自分の興味がありそうな所をピンポントで見ていきました。
1453092969506やっぱり、何年時を経てもカッコいいぁ。 旧車を扱うお店で見かけたこともありますが、とても買える値段ではありません。xx



1453092935574_3アルトのライト部分ってハコスカのライトをシングルにしたような漠然としたイメージを持ってましたが、こうなるとやっぱり面白いですね。 

2015年12月21日 (月)

第44回 東京モーターショー2015へ 4

1450668302035長らく記事にしてきました、モーターショーも今回で終わりにします。 ヤマハのエレクトリック・マウンテントレール、 PED2。 楽器と相まってスレンダーな車体が極まってます。 山の中でバッテリーが無くなったら怖そうですが、今の技術なら、その辺は安心出来そう。

1450668240316カワサキ Z125PRO。 Zの名とカラーリングと、サイズが楽しそう。




1450668394129スズキが得意そうな分野のコンパクトなクロスオーバー、IGNIS。 顔つきがいい。



1450668150480デザインはあまり好みではないけれど、後部の荷台が上下するという優れものアイデア、スズキ・マイティデッキ。 こういうアイデア好きです。



1450668082934最後は、待っていた人も多かったのか、人気も高かったアルト ワークス。 自分もこれ気になります。 乗らせてもらいましたが、やはり、ギヤをチェンジする感覚が小気味よい。 これで、本年の記事は終了させて頂きます。 お立ち寄り頂いた方々、ありがとうございました。 また、来年落ち着いたらぼちぼり始めたいと思います。 良いお年を。



 

2015年12月 7日 (月)

第44回 東京モーターショー2015へ 3

1449451981701Honda WANDEA WALKER CONCEPT。毎度思うことですが、昔ならこんな夢のような乗り物を見ても実用性を感じませんでしたが、今はそんなことを感じさせない位、普通に市販されてもおかしくなくなってきました。


1449452012659NEOWING。 この角度では解り難いですが、ホイールやエンジンがものすごくカッコいい。 



1449452028505Honda Project 2&4。 最近は公道を走れるゴーカートタイプの車輛なんかもTVで見たことがありますが、これが公道走行出来る車輛としてして市販されたら、楽しそう。


1449452254192カワサキで保管されてる車輛でしょうか、超綺麗なZ1。 H2と一緒に展示されてました。



1449452551310ヤマハ  Resonator125。 タイクを見るとSRを彷彿とさせます。 125のスカスカ感がともてスリムで早そうなイメージ。 楽器のヤマハの技術が各所に工夫されてるバイク。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ